最近好きになった味、58%の人が「「コク」と回答 - 味香り戦略研究所調査

写真拡大

味香り戦略研究所は1月26日・27日にかけて、東京・名古屋・大阪に住む成人男女600名を対象に、好みの味に関する一般調査を実施した。

まず、味の嗜好(しこう)に関して過去と現状を比較するために、「以前好んでいた味」と「最近好む味」を尋ねたところ、以前の好みについては「濃い味」が1位(30%)だったが、最近の好みには「コク」が1位(58%)となっている。

また、あわせて「濃い味」以外の他の味わいからも、「コク」に好みが変わっている人も多いようだ。

「コンビニやスーパーで最近選ぶことが多くなった商品の味わいは?」という質問でも、「コク」が51%と最多支持を集めた。

「コク」は店頭でも人気商品となっているようだ。

続いて「コク」と「濃い味」について、求めるシーンを確認したところ、「コク」においては「夜」「家族・友人と」「リラックスしたい時」という回答がトップ3となった。

一方、「濃い味」は、「寒い時」、「空腹時」、「元気な時」が選ばれている。

「濃い味」を求める場では個人的なシーンが挙げられているのに対し、「コク」では、家族や友人などと食事を楽しむ時に食べたいと、共有意識を持っていることが分かった。