イライラは実は“前向き”ストレス

写真拡大

イライラはストレスに対する防衛反応の1つですが、人がストレスを感じたときの反応の仕方には2種類あります。前に出るか後ろに下がるかです。ファイト(fight)かフライト(flight)か。戦うか逃げるかです。これを心理学では「ファイト・フライト仮説」と呼んでいます。

ではイライラはどうかといえば、攻撃性を含んだ防衛反応=ファイトだと言えます。ですから、イライラに対する最良の対応法は、「鎮圧」することよりむしろ「利用」することです。イライラ感を攻撃的な前向きのエネルギーに換えてしまうことです。

例えば上司に企画書を突き返されたら、そのイライラ感を「よしッ、あいつをギャフンと言わせるような企画書を作ってみせるぞ」と仕事のモチベーションに転化してしまう。営業職なら「え〜い、あと10軒、飛び込んでやるッ」と、馬鹿力に換えてしまえばいいのです。「窮鼠、猫をかむ」です。

こう考えれば、イライラは必ずしも否定的な感情ではありません。むしろ仕事上のエネルギーを引き出すチャンス。イライラしている自分を喜べるという方向に自分を向ければいいのです。

逆に、壁穴に逃げ込むネズミのように後ろに下がってしまうと、無気力状態に陥って、うつや引きこもりになってしまいかねません。ファイトかフライトか、それは自分の選択にかかっています。イライラしたら絶えず前に出る習慣をつけておくことが大切です。

僕は1日に1食しか食べません。午後4時ごろに食事をして、それで終わりです。お腹が空いていると当然イライラします。ものすごく気が立ってきます。そのイライラ感を全部、仕事つまり原稿執筆のためのエネルギーに振り向けているのです。「世の中が何だ。負けないぞ!」という気持ちを原稿にぶつけていくのです。元気のある経営者は、みんな若々しくイライラしているように見えませんか。

イライラは利用してしまうのがベストとはいえ、日常的な対策としては解消法も知っておきたいもの。

なぜならストレスは積み重なって許容量を超えると対処が難しくなるからです。たとえば床のホコリは毎日掃除すれば簡単に処理でき、床も清潔に保てます。ですが、長年放置してしまうと、積もったホコリ自体は払えても、ホコリのあった跡がシミとなって残り、床を駄目にしてしまいます。これと同じように、積み重なって許容量を超えたストレスは心のなかのシミとなり処理が難しくなってしまいます。

ですからイライラは溜め込まず、毎日こまめに吐き出しておくことも大切。そのためには、手軽で具体的な方法を、いくつも身につけておきましょう。

例えば紙をグシャグシャに丸める、びりびりちぎる、デスクからトイレまで歩数を数える、状況が許せば携帯ゲームなどに数分間熱中する……要するに何かに集中して、短時間でも意識をほかに向けてしまえばいいのです。

ストレスは、思考が頭の中で堂々巡りしていることが原因になっている場合が多い。気に入らないという思いがグルグル脳のなかを駆けめぐっている状態です。

その連鎖を断ち切るには、意識をほかに向けることが必要なのです。

イライラを言葉にして紙に書き出すのも、文字どおり吐き出す方法の1つです。米国カリフォルニア大学のソーニャ・リュボマースキー博士が96名の学生を3群に分けて行った実験(「人生最悪の出来事」について考える)では、次のような結果が出ています。

(1)「出来事と感情を紙に書き出したグループ」が最も人生満足感が高まり、(2)「テープに吹き込んだグループ」も効果的だった。(3)「頭の中であれこれ考えただけのグループ」は不快感を発散できず、かえってモヤモヤが残った。

他人相手にお喋りしてもいいのですが、愚痴っぽい人間と思われる恐れがある点がマイナス。やはり、紙に書き出して、自分だけの作業にしておくのがベターです。

不快な感情を書きつけたあと、結末は「だけど俺(私)は長生きするもんね!」などとポジティブな方向でまとめるのがポイントです。

また、自分の部屋を真っ暗にしてボンヤリするのもお勧め。照明を消しただけで血圧が下がったというデータもあります(カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学のピーター・スードフェルド教授による)。現代人は常に情報過多の状態に置かれているので、目から入ってくる刺激を遮断するだけでもイライラ感の軽減に繋がるのです。

刺激を遮断して気分転換するためには、夜空など遠くをじっと見つめるのもいいでしょう。職場にいる場合なら緊急避難的にトイレの個室に5分間でもいいから籠もる。あるいは思い切って1日休暇を取ってしまう。

僕は田舎暮らしをし、週末は草木や動物だけを相手にして、あまり人に会いません。これも刺激コントロールによるイライラ解消策の1つです。

(立正大学特任講師、アンギルド代表取締役 内藤誼人 構成=小山唯史)