相手を待たせてしまったが、やっと用事が終わったときの「I′m Sorry to keep you waiting.」は間違い?【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【相手を待たせてしまったが、やっと用事が終わったときのアブナイ英語】I'm Sorry to keep you waiting.【こんな風に聞こえるかも】すみません、引き続き待っていてください。

【ネイティブが使う英語】I'm Sorry to kept you waiting.「keep +人+〜ing」は、「〜したままにしておく」という意味なので、用事が終わり、もう待たせなくて済むのであれば、keptを使用します。

待たせた時間が短時間であれば、「Thank you for waiting!」でも構いません。