挙式費用の簡単節約方法とは

写真拡大

これから結婚式を挙げる新婚家庭で悩まれるのが挙式費用です。

結婚式から新婚旅行までのトータル費用は、相場で300〜400万円と言われています。

そのまま住宅ローンの頭金にしてしまえば、それだけ生活も楽になるのですが、そうはいっても結婚式ができるチャンスは生涯に一度きり。

やっぱり式をあげたいものです。

でも、お金がかかる結婚式でも、工夫次第では無駄な出費も省くことができるかもしれません。

チリも積もればなんとやら。

費用節減に励んでみましょう。

■ペーパーアイテムを自分でつくる方法結婚式に必要なペーパーアイテムに、招待状や席次表、メニュー表、ウエルカムボードや席札や芳名帳があります。

ペーパーアイテムは、パソコンで簡単に手作りすることができます。

またウエルカムボードも、ワードで作成が可能です。

最近では手作りをする方のために、招待状や席次表の外側だけを販売し、購入したものに沿ったワード・テンプレートをダウンロードして、中身を自分でつくる方法もあります。

招待状や席次表を自分で作りたいという方は、ぜひ試してみてほしい方法です。

■挙式会場と披露宴会場を別に予約結婚式費用でバカにならないのが装花費用です。

ゲストテーブルの装花はケチらないほうが無難ですが、それ以外のところは工夫次第で節約してみましょう。

一日に複数の人が利用する会場では、外部業者の出入りを断られることもありますが、披露宴を挙式会場と別にすれば、見積もりで安くしてくれるブライダル装花業者を選ぶことが可能です。

セッティングに時間がかけられる、貸し切り可能なレストランや会場で、セルフプロデュースの披露宴をあげるのも節約のひとつです。

また挙式で来ていたドレスを外部に持ち出す場合、高いオプション料をとられてしまうため、披露宴用のレンタルドレスを別に予約したほうが安く済む場合があります。

■スマ婚ってどれくらい安くなる?スマ婚でかかる総費用は、およそ150〜200万円が相場と言われています。

つまり50人ほどの招待客があれば、ほとんど費用がかからなくなるというメリットがあります。

こちらも挙式費用の節約にはもってこいです。

■節約した場合の大よその金額ペーパーアイテムを手作りした場合の節約額は、およそ5〜6万円。

また、式場で装花を頼むと、式場へ業者が支払う顧客紹介料も上乗せされている場合があるそうです。

それらの紹介料を10〜30%とすると、装花相場が22万円なので2〜6万円節約可能に。

ホテルウェディング相場が平均330万円、専門式場でのウェディング相場が平均306万円。

それをレストランウェディングにするだけで、挙式費用をプラスしても平均275万円になり、30〜65万円ほど節約可能になります。

さらにスマ婚の場合は多くても200万円ほどのため、100万円以上の節約が可能なのです。