究極のXO醤を見つけた! そのまま食べてもおいしい2品を紹介

写真拡大

XO醤。

干し貝柱や干しエビ、唐辛子などをつかった中華の高級調味料だ。

炒め物やチャーハンなどに重宝するのだが、具だくさん調味料ということで実はそのまま食べても本当に旨い。

発祥は、香港の高級ホテル「ザ・ペニンシュラ香港」とされるのだが、今回はその本場香港で現地コーディネーターおすすめのXO醤2種を購入し、食べ比べ。

ザ・ペニンシュラ香港のXO醤油と比べると、1/3程度の価格でリーズナブルな2品を選んだ。

さて、本場のXO醤の味わいやいかに!?まずはマルコポーロ香港ホテル内にある中華料理店「夜上海」(イエ・シャンハイ)の「特製XO豆板醤」。

干し貝柱や干しエビ、唐辛子、金華ハムなどが入ったXO醤で価格は100香港ドル(約1,200円)。

対するは、「蘇太XO醤」で118香港ドル(約1,420円)。

こちらは地元のスーパーなどで売られているのだが、箱入りで高級感がある。

商品名にある「蘇太」とは、”蘇さんの奥さん”という意味で、その奥さんが15年以上前から友人にプレゼントとして贈っていた自家製XO醤が好評だったことから2年前に商品化。

金華ハムや唐辛子、干しエビなどがたっぷり入っている。

中身を見てみると、夜上海のXO豆板醤は、貝柱がとても細かく裂いてあり、具材が細かくなっている。

蘇太XO醤は貝柱や唐辛子など具材が大きめで、実際に食べてみると、かなり食感がはっきりしている。

調味料ではあるが、蘇太XO醤のほうが”食べている感”が強い。

味わいを比較すると、XO豆板醤のほうが蘇太XO醤より甘みのある旨みが強い。

ピリピリとした辛みが後追いしてくるのもXO豆板醤のほうだ。

それに比べると蘇太XO醤はさっぱりめ、といった印象。

さてこれらのXO醤、そのままチビチビと食べても酒の肴になるのだが、ちょっとした工夫でもっとおいしくいただける。

クラッカーにクリームチーズと一緒にのせるのだ。

意外な組み合わせに思われるかもしれないが、クリームチーズのまったりとしたクリーミー感とXO醤の旨み、辛みが好相性。

白ワインやビールにぴったりのおしゃれおつまみの完成となる。

香港は日本から3時間ほどととっても近い外国だ。

「究極のXO醤を求めて週末は香港へ! 」なんていうのもグルメ好きなら楽しいに違いない。