TDA 「2013海外インテリアトレンドセミナー」開催

写真拡大

(社)日本テキスタイルデザイン協会(TDA)は、2月19日(火)、東京・渋谷の「東京ウィメンズプラザ」にて、「ヨーロッパ最新インテリアテキスタイルトレンドセミナー」を開催、デザイナーやメーカー関係者など多くの業界関係者が集まった。
同セミナーは、ハイムテキスタイル、ドモテックス、ケルン国際家具見本市、メゾン・エ・オブジェ(デコオフ)の4大主要見本市の最新トレンドを一気に見ることができる恒例の人気セミナー。講師を務めたのは北原美希氏(ハイムテキスタイル担当)、今野文雄氏(ドモテックス、ケルン担当)、大場麻美氏(メゾン・エ・オブジェ、デコオフ)の3名。いずれもテキスタイルデザイナーという立場から、カラーやクオリティ、パターンを切り口にトレンドを解説した。その中で、共通した動向として語られたのがデジタルプリントの普及である。あらゆるデザイン表現が可能となったことで、デザインのあり方も変わるとの指摘もあった。カラー傾向としては、引き続きブルー系が目立ったこと、さらにパープルが減り、ピンクやオレンジ系が増加したという傾向が示された。

また今回は、第2部として「ヨーロッパ4大展示会の最新情報から読み取れる傾向と流れ」と題した講師陣によるパネルディスカッションを初開催した。これはカラーを切り口に、トレンドをさらに深読みしていこうという試みで、ハイムテキスタイル、ドモテックス、メゾン・エ・オブジェの3展示会について、2011年から3年間のカラートレンドを時系列にみながら、現在のカラートレンドに行き着く流れを解説するというもの。エレメントによって、例えばカーテンと雑貨でのカラートレンドの違いを改めて紹介しながら、空間トータルを俯瞰しながらデザインすることの重要性を説いた。
なおセミナーの冒頭では、イントロダクションとして、ハイムテキスタイルトレンドセッターの南村弾氏を迎え、大きな視点からデザイントレンドの動向が語られた。

TDAでは、3月5日(火)に大阪会場でもセミナーを開催する他、3月8日(金)15:00〜17:00には、リビングデザインセンターOZONEにて、テキスタイルデザインに絞ったセミナー「インテリア四大展示会に見るテキスタイル」を行う。参加費5000円。

■ヨーロッパ最新インテリアテキスタイルトレンドセミナー
<大阪会場>
日時:3月5日(火) 開場13:00〜 講演時間13:30〜17:00
会場:京都造形芸術大学 大阪・サテライトキャンパス
内容:
(1)ハイムテキスタイル展報告
講師=北原美希氏
(2)ドモテックス展&ケルン国際家具見本市
講師=今野文雄氏
(3)メゾン・エ・オブジェ展報告
講師=大場麻美氏
定員:140名
申込締切:2月26日
参加費:TDA会員・準会員・賛助会員3000円/人 一般5000円/人 レジメ1000円