ぎっくり腰の痛みを緩和するツボ - その悩みをツボで解決!

写真拡大

整体師の大山奏です。

日常のちょっとした動作でも起きるぎっくり腰。

「魔女の一突き」とも呼ばれるほどの激痛で、動けなくなってしまうこともあります。

ぎっくり腰になってしまった時に痛みを和らげ、回復を早めるツボを紹介します。

手の人さし指と中指の骨のぶつかる点、薬指と小指の骨のぶつかる点にある「腰痛点」というツボです。

ツボに親指をあてて強く押します。

ぎっくり腰になった場合は、安静にするのが第一です。

痛い方の腰を上にして横向きに寝転んだ後、上になった方の手のツボを強めに押します。

正しくツボを押せている場合は、腰へ響く感じがすると思います。

ぎっくり腰になってしまった場合、内出血を起こしている可能性もあるので、温めるのはよくありません。

病院に行ける場合は、冷シップなどを貼って、お医者さんに見てもらいましょう。

ぎっくり腰はなってしまってからでは治りづらいです。

ぎっくり腰の予防法としては、姿勢を正す、ウオーキングを行う、腰への疲労がたまったらストレッチやマッサージで癒やすなどがあります。

普段から腰周りに負担のかかりにくい生活を心がけましょう。