ガラケーからスマートフォンに変えてよかったことは?




爆発的に普及しているスマートフォン。利用率は2012年10月時点で39.9%と、すでに多くの人がスマホ生活を始めています。その中でガラケー(旧来の携帯電話)からスマートフォンに変えてよかったことは何があるのでしょうか。マイナビニュース会員に聞いてみました。



調査期間:2013/1/8〜2012/1/16

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数967件(ウェブログイン式)



■PCを開かなくなった!インターネットとメールが便利

・「インターネット上のさまざまなコンテンツを十分に楽しめること。ガラケーだとかなり限定されちゃう」(41歳/男性)

・「ウェブのブラウジングがとてもしやすい。RSSリーダーとか機能が充実していて、情報収集の端末としてはとても優秀」(27歳/男性)

・「スマホからメールチェックができるのが便利。PCサイトも見られるので、出先でも気にせず調べものができる」(24歳/女性)



PCじゃないとできなかったことが、携帯サイズでできるようになったことに、うれしいとの声が多かったです。ちょっと調べ物をするなら、わざわざPCの電源を入れるよりもスマホで、という人も。



■使えるアプリの充実度

・「無料アプリがたくさん。空き時間をゲームやアプリで有効に使っている」(31歳/女性)



・「物件探しのとき、その場で撮った物件写真にメモを書き込んでいったり、写真をインテリア会社と共有して商品を発注したりと、すごく便利」(27歳/女性)



便利なアプリが多いという意見が多数寄せられました。ガラケーにないアプリの機能を使いこなせば、ビジネスも生活も充実しそうです。



■GPS機能を生かした地図アプリやナビが手放せない

・「道に迷わなくなった。GPS機能で今どの方面に向かっているかわかるのは、方向音痴な私にはすごく助かっている」(24歳/女性)

・「終電で寝過ごして知らない駅で降りてしまっても、ナビ機能があるので歩いて帰れる」(31歳/男性)

・「自転車で行動するとき、手元に地図を用意できて以前より道に迷わなくなった」(30歳/男性)



GPS機能をつかった地図アプリが使いやすくなったことで、多くの方が救われているようです。知らない駅の知らない居酒屋に集合、となったとき、筆者も事前に調べることはなくなりました。



■就活でも大活躍のスマートフォン

・「ちょうど就職活動中にスマートフォンに変えたので、外出先でもセミナーの予約が簡単にできて便利だった」(23歳/女性)

・「就活中、会社のサイトを移動中に見たり、説明会を予約したりできてよかった」(23歳/女性)

・「Googleカレンダーで予定を管理し、Dropboxに履歴書やESを入れどこでも見られるようにしていた。移動時は乗り換え案内やナビに助けられた」(23歳/女性)



就活時代はガラケーだった筆者。ネットを通して行う就活の行動が、スマホ一つでスムーズに行えることは大きなアドバンテージがあるなと思っていました。受ける企業によっては、会場に向かう途中でその日のニュースを調べることが大事な人もいるはずですので、より閲覧しやすいスマホの方が便利かも。



スマホユーザに、便利さを聞いた今回のアンケート。ガラケーにも便利な機能がたくさんありますが、スマホの多様な機能や操作性を体感したら、ハマってしまう人も多いはずです。「ずっと使っているガラケーが一番」と思っている人も、参考にしてみてはいかがでしょうか。



(黒木貴啓+プレスラボ)