韓国大手SPAブランド「ミッソ」上陸 横浜そごうに3月出店

写真拡大

 韓国のアパレル大手企業イーランドが、20代から30代の女性向けSPAブランド「MIXXO(ミッソ)」で日本に進出する。セブン&アイ・ホールディングスと提携し、3月下旬に横浜そごうに1号店をオープン予定。年内中に、3〜4店舗の直営ショップ出店を計画している。

韓国SPAブランド上陸の画像を拡大

 韓国SPAファッションブランドのリーディング企業イーランドは、現在150のブランドを展開しており、グループ年間売上高は10兆ウォン(約9,000億円)を計上。今回上陸する「MIXXO」は2010年より運営を開始し、年間1万デザインを販売する豊富なアイテム展開やリーズナブルな価格設定、K-POPアーティストをブランドモデルに起用したプロモーションなどで店舗網を拡大している。また最近は、グループ力を活かしたコラボレーション商品を提案し、他のSPAファッションブランドとの差別化を強化している。

 横浜そごうにオープン予定の「MIXXO」1号店の面積は約555平方メートル。手の届きやすい価格帯とトレンドを意識した商品で売場の鮮度を高め、ファストファッションに目が肥えた日本の消費者を早い段階で惹き付けたいという。出店地は百貨店をはじめファッションビルやショッピングセンターを予定し、3年以内に数十店舗の出店を計画している。

■MIXXO.com
 http://www.mixxo.com/