歴代チャンピオンにしてホステスプロ 宮里藍に対する注目度は高い(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ホンダLPGAタイランド 事前情報◇17日◇サイアムCC(6,469ヤード・パー72)>
 米国女子ツアー第2戦「ホンダLPGAタイランド」がタイのサイアムCCにて21日(木)より、4日間の日程で開催される。この試合には宮里藍、宮里美香、上田桃子、上原彩子、諸見里しのぶ、比嘉真美子ら6人の日本勢が出場する。
女子プロ写真館で藍、美香、桃子の写真をチェック!
 2010年大会覇者、宮里藍は月曜日にコース入り。昨日はインコース9ホールをラウンドし、この日はアウト9ホールを回った。「これまでで1番ラフが長いと思います。今までは飛ばし屋が有利でしたが、少し飛ばない人に有利になりましたね」とコースの印象をコメント。「ティショットでプレッシャーがかかるホールが増えました」と警戒感を示した。
 しかし、例年この大会では上位に入っており、「毎年この大会でいいスタートが切れていいます。今年も自分らしいゴルフでいいスタートを切れれば」と余裕を感じさせるコメントも。オフはフィジカル強化やショートゲームを中心に調整し、「マイペースで例年よりゆとりのあるオフでした」と仕上がりも上々の様子。今年も目指すは「シーズンの目標としては今年もプレーヤー・オブ・ザ・イヤーですね」。
 大事な初戦、今年もタイから最高のスタートを切ることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>