死んだ後のコスト




「死ぬときにはお金なんてなくていい」と言う人がいますが、そんなことはないですよ。一応、お通夜、葬式、そしてお墓に入るだけのお金を残しておいた方が、思い残すことなく死ねるというもんです。では、そのためにいくらかかるのでしょうか。コストを計算してみました。





お通夜をやって、葬式を行い、お墓に入る、という一連のコストを計算してみましょう。まずはお通夜、葬式の舞台になる斎場です。



■斎場費はいくらかかるか?



どんなところで式を行うかによってお値段はピンキリです。高価なところ、ピンを見ればキリがありませんが、150,000円あれば斎場代は大丈夫でしょう。



自治体の施設 30,000〜100,000円



民間の施設 100,000〜200,000円



小計:150,000円



■祭壇はいくらかかるか?



場所だけ借りてもダメです。祭壇を作らないといけません。生前の故人の遺影が飾られる例のやつです。祭壇の費用は葬儀社によって異なりますが、200,000円以上もかかるようです。それだけでなく、祭壇回りに飾るものの費用も必要です。



●祭壇費 200,000円〜



●遺影 10,000円〜



●ひつぎ 15,000円〜



●骨つぼ 5,000円〜



●葬儀用の供花 8,000円〜



●位牌(いはい) 1,000円



●枕飾り 15,000円〜



●遺体を冷やすドライアイス代:10,000円/1日

お通夜と合わせて2日で20,000円



小計:274,000円〜



■遺体を運ぶのにいくらかかる?



遺体を運ぶのにも費用がかかります。例えば、病院から斎場まで遺体を運ぶには「遺体搬送車」をお願いしますが、基本10,000円〜で、搬送距離によってここに料金が上積みされるようです。



●遺体搬送車 10,000円〜

(搬送距離で上積みされるので20,000円で計算)



●霊きゅう車 20,000円〜



●火葬場までの送迎車利用料金 50,000〜100,000円



小計:90,000円



■お坊さんにはいくら支払うのか?



宗派によって料金も変わるようですので、ここで挙げる金額はあくまで一例と考えてください。



●お布施(読経料) 150,000円〜



●脇導師さん代金(1人につき、導師さんの1/3) 50,000円〜



●戒名代 100,000円〜



小計:300,000円 (脇導師さん1人)



ちなみにお通夜にも導師に来てもらう場合には、そのときにもお布施を支払うようで、その場合のお値段は30,000円〜とのこと。



■お墓の価格は!?



最近はネットの店舗で、しかもリーズナルな価格でお墓が買えるのをご存じでしょうか。お手ごろなお墓のセットはなんと40万円。しかも日本全国どこに設置してもこのお値段です。



死ぬときにお墓が欲しい人は準備しておきましょう。



詳細は筆者がレポートした以下の記事をご覧ください。



⇒『墓石はいくらする? お墓も今やほぼ中国製』

http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/10/post_2430.html



●お墓代金 400,000円〜



■合計金額は約130万円!



●斎場代    小計:150,000円

●祭壇回り費用 小計:274,000円

●遺体運搬費用 小計:90,000円

●お坊さん費用 小計:300,000円

●お墓の費用  小計:400,000円



合計:1,214,000円 ⇒ 1,274,700円[税込み]



というわけで消費税を入れると127万4,700円になりました。余裕を見て、150万円ほどあれば、死んだ後も安心ではないでしょうか。



ただし、上記の計算にはお墓を設置する「土地代」が入っておりません(笑)。自分のお墓を設置したい場所の土地代を入れて「自分の場合」にしてください。土地代は本当に場所によって変動しますので……。



*……斎場などの価格も業者さんによって異なります。もっと安価なところもあります。ここに記載した価格はあくまでも参考価格と考えてください。





(高橋モータース@dcp)