携帯型『ウイルスプロテクター』で化学熱傷、消費者庁「直ちに使用中止を」

写真拡大

消費者庁は18日、使用中にやけどを負う事故が相次いでいるとし、携帯型空間除菌剤「ウイルスプロテクター」の使用を直ちに中止するよう呼びかけた。

同商品は、ERA Japanが輸入し、ダイレクトコーポレーションが1月25日から販売。

首からぶら下げて使用するだけで、ウイルスや菌を除去できる効果があると宣伝されている。

しかし同庁によると、2月2日に千葉県の幼児が同商品を使用した際、化学熱傷で胸の皮膚がただれる重症を負う事故が発生。

これまでに計6件の事故情報が寄せられたという。

同商品の中には、漂白剤にも使用される次亜塩素酸ナトリウムを含む錠剤が入っており、これが汗など水分に触れると成分が溶けだし、衣服の上からでも皮膚に刺激を与えると考えられるという。

化学熱傷の症状は、通常数日後に発症するかぶれとは違い、使用してから数時間で発生することが特徴。

かぶれのかゆみではなく、「やけどをした時の比較的強いヒリヒリした感じ」(同庁)の痛みが起きるとしている。

同庁は、商品を使用して当たっていた皮膚が赤くなっていた場合は、まずぬるめのお湯でしっかり洗い流し、早めに皮膚科を受診するよう呼びかけている。