図8・9・10

写真拡大

----------

調査概要/gooリサーチとの共同で、インターネットを通じて調査を行い、1031人から回答を得た。調査期間は11年2月10日〜13日、調査対象は30〜50代の働く男女。

----------

■高スコアの人は言われなくても勉強する

学習目的についての回答でも、はっきりした傾向が出た(図8)。TOEIC730以上の76.6%が、英語学習の目的が明確なのに対し、470未満では49.4%と半分以下だ。TOEIC受験の理由(図9)とあわせて見ると、一層興味深い。「会社が奨励しているから」や「昇進・昇格のため」は、スコアが低い人ほど多い。一方、スコアが高い人ほど多いのは「自己啓発・レベルチェック」だ。スコアが高い人ほど明確な目的を持ち、自発的に学んでいるといえる。

これについて安河内哲也氏は、「言われなくてもやる人と言われなければやらない人がいるのは、勉強も仕事も同じ」と指摘する。TOEICは仕事の能力も測るという意味はこういったところにもある。

「『自発的にやるべき』と言うのは簡単ですが、実際はやらない人がほとんどでしょう」と言うのは山崎将志氏だ。「組織は2・6・2で構成されます。上位の2割は自発的にやるので放っておいていい。下の2割は、何を言ってもやらない。何とかすべきは間の6割。この6割をいかにやる気にさせるかが重要になってくる」

学習目的については、TOEICスコアが高いほど「仕事で必要」を挙げた人が多く、スコアが低いほど「将来必要になりそうだから」が多い(図10)。

「『将来必要になりそう』ということは、今英語を使う機会がないということでしょう」と山崎氏は見る。「今必要ないのに勉強するのは大変。必要になったら使えるよう、『臨戦態勢』だけつくっておくことがお勧めです。そのためには、文法と発音だけやっておけば十分です」

語彙や表現は、目的なく学んでもキリがない。英語が必要になったときに、必要な範囲のものを覚えるほうが効率がいいし、それで何とかなると山崎氏は説く。

「730未満の人は、まず文法をしっかりやるべき。高校生向けの参考書を3カ月やれば何とかなります。発音の勉強は、ないがしろにされがちだが、その分、伸びしろがあり、突破口になる。一気に通じるようになるし、発音ができるとリスニングも伸びる」(山崎氏)

今、英語を学ぶ目的がはっきりしない人は、「カッコよさから入るのも手」と山崎氏は言う。「カラオケで英語の歌をきれいな発音で歌うというのを目標にすれば、臨戦態勢づくりになります」。

「英語の学習期間」は、スコアが高い人ほど長い(図11)。「1週間あたりの英語の学習時間」も、スコアが高い人ほど長い(図12)。安河内氏は、「英語はラクに習得できるものではありません。継続は力なり。長く続けることが最大のリスクヘッジです」と強調する。

英語を使う機会については、スコアが高いほど多く(図13)、470未満では「ほとんどない」が大半だ。

安河内氏は、悪循環と好循環が透けて見えると話す。「英語を勉強していないと、使う機会がまわってこない。まわってこないから勉強しない。勉強していれば、英語を使う仕事の機会がまわってくる。それでもっと勉強するという好循環になります」。「機会がない」人は、英会話スクールに通うなど、「機会をつくる」ことで悪循環を破りたい。

山崎氏は、「730くらいまでは、『英語の勉強』が必要。教材を使った文法や発音の学習です。しかし、これだけを続けても、730以上には伸びないのでは」と話す。ここからさらに上を目指すときに必要なのは「生の英語」だ。

「これまでに試した英語学習法」を聞いたところ、これを裏づける結果が出た(図14)。スコアが高い人は、「洋書や英語の新聞、雑誌」「英語の映画、ドラマ、ニュース」「英語、英会話レッスン」など、「生の英語」から学んでいることがわかる。

効果の高い方法についても聞いたところ、「英語、英会話レッスン」が35.0%、「留学、海外での語学研修」が42.6%と、飛びぬけて高い(図15)。

留学や海外での語学研修は効果が期待できそうだが、簡単には参加しにくい。

「英会話スクールはいいと思います。投資としても比較的安い」と山崎氏は言う。選び方について聞いたところ「スクールを『選ぶ』という発想ではダメ」と一喝。

「スクールで何をしたいかという要望をはっきりさせることが先決」と断言する。

「英語ができるようになりたい」というのでは、範囲が広すぎ、先生と雑談をして終わりになってしまう。「まずは、半径3メートル以内のことを、具体的に話せるようになりましょう」と説く。「仕事について聞かれて、『I am an office worker.(会社員です)』なんて答えるのは、何も伝えていないのと同じ。『営業担当です』『こんな商品を売っています』『顧客はこんな企業です』など、話すことはたくさんあるはずです」(山崎氏)

「効果がなかった学習法」を見ると、「携帯やゲーム機を使う」が27.5%と高い(図16)。安河内氏は、「私もiPhoneにたくさん英語のゲームを入れていますが、なかなか最後までいかず、中途半端で終わりがちですね。ただ、それしかやらないのでは効果が薄いでしょうが、隙間時間にほかの学習法の補助として使うのはお勧めです」と話す。

高スコアの人ほど、英語を学習するのを楽しんでいるという結果には、両氏とも納得の様子だ(図17)。

また、TOEICの高得点者には、学ぶ内容に工夫が見られる。「自分の関心が高い分野をとっかかりに学ぶ」という人が多いのだ(図18)。

「仕事に関係のない勉強は本当につらい。自分の仕事や趣味に絞り込んだ英語から始めるほうが、やる気が出ます。学ぶ分野は偏ったほうがいいんです」(山崎氏)

(大井明子=文)