ベストLCCにスクート、ベストLCCエアポートに新関西国際空港が決定

写真拡大

シンガポールにてこのほど、「World Low Cost Airlines Asia Pacific(アジア・太平洋地域世界LCC会議・Terrapinn主催)が開催された。

東南アジアの4時間以内の路線ではシェアが50%を超えるなど、急成長を遂げているアジア・太平洋地域の低コスト航空会社(LCC)。

今年で10回目を迎える記念すべき年の「ベストLCCオブ・ザ・イヤー2012」と「ベスト・LCCエアポート・オブ・ザ・イヤー」が発表され、スクートと新関西国際空港がそれぞれのウィナーとなった。

スクートは昨年から就航し始め、新関西国際空港も昨年10月にピーチ・アビエーションが入る第2ターミナルビルの供用を開始したばかり。

今後の活躍を期待するといった意味合いが強いとはいえ、新しいLCCやターミナルが完成するアジア市場を象徴する授賞式となった。

スクートは、「日本路線でのサービスのレベルアップを図る」(キャンベル・ウィルソンCEO)、新関西国際空港は「3つ目のターミナル建設を予定」(山口勝弘執行役員)としている。