昨12月6日、上京し"ビッグイベント"を終えた高校生たちは東京見物。丸善丸の内本店前にて。

写真拡大

■「ここに彼は通ってたんだ」

菅野英那さん(福島県立須賀川桐陽高3年)は起業家志望。菅野さんに影響を与えている起業家はだれですか。

「スティーブ・ジョブズです。ものすごい好きで。スタンフォード大学で2005(平成17)年にしたスピーチ、毎朝聞いてるんです。伝記も枕のそばに置いていて。そのぐらい好きです。尊敬している部分ですか? 人間としてのあり方って言ったらいいんですかね。ひどい人なんですけど、たぶん一緒に仕事したくない人なんですけど(笑)。ただ、ものすごい激しさがあって。ただひとつのことをものすごく突き詰めて考えて、人が見ないようなずっと先のビジョンを見ていて、それに向かって行く力がものすごく強い。名言も多くて、その名言1つひとつからジョブズの激しさが伝わってくるようなかんじがして。まさに毎日を最期の日であるかのように生きているような、そういう激しさ」

菅野さん自身は、そこまで激しくなれますか。

「ぜんぜんタイプが違うと思います。タイプは違うんだけど、尊敬しているんです。あともう1人尊敬しているのは孫さんで。孫さんのほうが、自分としては近いのかなと思うんですけど——」

抽象的な質問をします。ジョブズは、パーソナルコンピュータを始めて、かつ、それを終わらせた。簡単に言ってしまえば、ビジネスという道具を使って歴史を変えたわけです。さて、菅野さんは、ビジネスという道具を使って俺は何をした——と言って墓に入りますか。

「そうだなあ……。自分がやったことは、そのままのかたちでは、ずっと先には残らないと思うんですけど、何かしら自分がやったことで、人類を少し前に進めるというか、そういうことをしたいです」

ITを使ったビジネスは世の中に多くありますが、「こういうことはしたくない」というものはありますか。

「ああ、はい、あります。たとえばFacebookでやってることって、ただ面白いことを与えるだけじゃなくて、ひとの社会に対するつながりかたを変え、人をより高いところに引き上げるという意味でいいことだと思うんですけど、たとえば、ソーシャルゲームとかは……。前、CMでやってましたよね。『金はない、時間はある』って。ああいうのはぜったい自分はやりたくない」

でもGREEやモバゲーのように広く小銭を集める商売は、お金儲かると思いますけど。

「自分は金を儲けたくてビジネスと言ってるのではなくて——ビジネスということばを言うと、お金が第一って感じなんですけど、そうじゃなくて——事業って言ったらいいのかな、何かをしたくて、お金はそのための手段だと思ってるんです」

このことを確認しておきます。「TOMODACHI〜」で合州国に3週間行って、菅野さんはシリコンバレーで働く人たちに会いました。それが起業のきっかけではなく、その前から考えていたということですね。

「自分の考えがより強化されたという思いは、すごくあります。自分はこれからそういう道に進んでいくと思うんですけど、そのための最初の大きな学びとしてアメリカに行ったんです」

合州国での3週間、いちばん嬉しかったことは何ですか。

「アップルを見たことですね。シリコンバレーをバスで通っただけなんですけど。もう涙が出そうになるぐらい感動しました。ここに彼は通ってたんだなと思うと。シリコンバレー、起業家同士がつながってるって聞くんですけど、あんなにぽつんぽつんと1軒1軒離れていて、こういうところで、なんで活発なコミュニケーションが起きるのかなとは思いました」

アップルに勤めているひとには会いましたか。

「会いました。細井さん。ジョブズってどういう人だったのかを聞いて。細井さんが言うには『ものすごい嫌な人だったよ』(笑)。なんであんなにすごいんですかって聞いたら、『すごいというか、ただほんとに狂っていて、でも才能があって、それを人に褒められてああなっただけだよ』って言ってて。なのになぜ、人はついていってるのかと訊いたら『彼には明確にほしいものが見えていたからだ』と」

今の細井さんの話はひじょうに大事だと思います。ジョブズはほんとうにほしいものが何かわかっていた。これを持てるかどうかは、起業家になるかどうかの大きな線引きのように思います。それは菅野さんにありますか。

「ものすごく強いと思います。自分は、競争心というか、1番になりたいとか、すごいことをしたいという思いがすごく強いんです。原点は幼稚園生のころ、先生が母親に『英那くんはこの幼稚園のボスですよ』みたいなことを言っていて、それを聞いたときから、自分は大人になってもそういうことがしたいんだと思って。あと、ちっちゃいときモトクロスやってたんです。親が離婚するまでやってたんですよ。何回か表彰台に上ったこともあって。やめていなかったらプロを目指していたと思います。そこでレースとか競争が好きになっていったんだと思います。できないってわかったときには、ほんとうに何日も泣いたぐらい悔しくて」

菅野さんには勝利することへの快感がある。しかし、すべてのことに勝利できるわけではない。その現実を、菅野英那という勝利好きの人間は、どう処理しているんですか。

■彼らが手を挙げたからこそ

「ぼくは、自分が一番になりたいと思ったところで一番になっているんです。中学生のころ、ずっとオンラインゲームにはまっていたんです。全国で1位になりました。それぐらいやってました。今思えば、勉強に時間使えばよかったかなと思いますけど(笑)。ただ、熱中したら、ほんとうに何も食わずにやってました。あれは、自分がひとつの事に没頭できて勝てるんだという自信になってます。そのころから、英語だけは好きで、中学校では必ず1番になってて、高校でもそうだったので、自分がやりたいと思ったことでは1番になる——ということは、やってきたと思います」

「TOMODACHI〜」のテーマはリーダーシップでした。3週間の体験は、菅野さんの将来に役立ちそうですか。

「自分は学校で生徒会長を経験していたんですが、今回、グループの中で班長みたいなかんじになって、自分がある程度頑張ればできるんだという自信はかなり付きました。ひとを動かして大きなことをする——こういうことが自分はやっぱりしたいんだということに、あらためて気づきました」

学校で生徒会長として「笛吹けど踊らず」の大人数を動かすほうがたいへんじゃないですか。

「ああ、それもあるかと思うんですけど、何かを成し遂げたいと強く思っている人たちをまとめてひとつの方向に向かわせることって、学校でやってることとはまた違う。自分が生徒会長をやりたいと思ったのは、組織を動かす経験をしたいと思ったからなんですけど、もっと高いレベルで、より大きなことができるんだと思いました。自分が企業をつくったら、何かをやりたいという意識の強い人を雇いますから、学校でやるよりもアメリカでやったことのほうが近かったと思います」

「起業してことを起こすということは、菅野さんの中ではもう当事者問題なんですね」という問いに、彼はしごく当然という表情で「そうです」と答えた。すでに起業家の雰囲気がある。起業家という人種は、自分が「熱いことば」とやらを吐いているという意識などない。当人にはそれがあたりまえのことだからだ。「熱さ」は起業家の頭の中にあり、行動で示されたときにようやく人はその温度に気づく。「熱さ」云々を語るのは、起業家の追随者や周辺にいる者であり、当人はときに冷淡に見えるほどにクールだ。

そして菅野さんたちは、その実例と対面することになる。時間を少しだけ巻き戻す。

11月26日月曜日午後5時59分、「TOMODACHIサマー2012ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」参加者グループのFacebook上で、「Cloudforce Japan」の参加者募集が行われた。岩手・宮城・福島各県先着2名まで。1分後、最初に「行きたいです!」と手を挙げたのが菅野さんだった。枠はすぐに埋まった。勝又健志さんが言う。

「ぼくが手を挙げたとき、岩手の3人目だったんです。惜しかったなと思ってたら、そのあと各県1名追加になって、行くことができたんです」

「汐留の幸運」がここから始まる。12月6日、東北新幹線に乗って上京した勝又さんはひとつ忘れ物をした。入場するためには、メールで送られてきた入場券のバーコードをプリントアウトして持っていく必要があった。それを忘れたことに気づいた勝又さんは、ソフトバンク復興支援室の堀田真代さん(「TOMODACHI〜」の担当者)に連絡を入れる。堀田さんは「ソフトバンクの本社でプリントしよう」と提案。勝又さんは新橋駅で堀田さんと合流し、汐留のソフトバンクへと向かう。

招待されているトークセッションの開始は午後3時半。まだ時間の余裕があった。勝又さんは堀田さんの案内で社内見学をする。

勝又「途中でぼくが『孫さんいますか?』って聞いたんですよ。堀田さんは『そういや今日いらっしゃるね』って言って。そのとき堀田さんが、孫さんに会わせればいいんだって思いついて」

堀田さんは急いで社内調整をしつつ、東京に来ている残り8人の高校生に連絡を入れ始める。

勝又「でも、最初は、やっぱり会えないということになって。ぼくも諦めて、汐留駅からゆりかもめに乗ってビッグサイトに向かったんです。途中まで行ったら堀田さんから連絡が入って——」

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)