家計とのバランスも大事です【イラスト/斎藤ひろこ】

写真拡大

子どもが中学生にもなると、成長はますます著しくなります。食費などの出費が増えるばかりでなく、公立の学校に通っていても、目先に迫る高校受験に備えて、教育費がかさみやすくなる時期。教育費は、中学生以降上がっていく一方ですから、ここで手綱を締めないと、ずっと赤字家計から抜け出せないことになります。今回は、そんな中学生の子どもがいる家計に多い問題点と、改善のコツをお話しします。

高校受験のために塾に通うケースが増え、教育費が増大

 小学校、中学校は義務教育なので、公立中学校なら入学金、授業料、教科書代は無料。給食費や副教材代などが出ていくといっても、そこまで毎月の負担が大きくなるわけではありません。

 しかしながら、公立中学校の場合は、たいていの生徒が高校受験に臨みます。そのために塾に行くことも多く、それが教育費増大の要因となりがちです。

 塾に行かなければ勉強できないわけではないですし、「自分で勉強しなさい」と子どもにいうこともできるわけですが、現実に塾に行くクラスメートが増えると、子ども自身が「自分も塾に行きたい」といいだす可能性もあるでしょう。そんなとき、いくら家計が厳しくても、「子どもが勉強したいといっているのに、無下にはできない」と考える親御さんは多いと思います。

 塾の費用はピンキリですが、高いところになると、月3〜5万円ほどもかかってしまうケースも。本当にそこまで出費する価値があるのか、費用対効果を考えた上で選ぶべきでしょう。たとえば、苦手科目だけを塾で習うようにすれば、そこまでかけずにすむかもしれません。

「子どもの将来のためなのだから、お金がどうなんていっていられない」という教育熱心な親御さんも、コンサルティングにはよく来られます(なぜかわかりませんが、張り切っているのはお母さんのほうが多いような……)。

 気持ちはわかりますが、そんなことをいっていたらどこまでも赤字になり、借金まで背負いかねません。特に、都市部に住む人は、地方より塾の費用が高額な傾向があるため、財布のヒモの引き締めが肝心です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)