毎日の食事「全て妻がつくる」63%--夫「それが常識」「俺は家事をしない」

写真拡大

朝も昼も夜も妻の手料理。

塩分控えめ、野菜中心の食事で、健康を考えてくれているのは分かるが「たまにはつゆだく牛丼食べたいなー」とつぶやいたら大げんかになった……。

夫婦の仲をつなぐ三度の食事、マイナビニュース会員のうち既婚男性182名に、毎日の食事はどちらが作るのかを聞いてみた。

Q.毎日の食事は夫と妻、どちらがつくりますか?1位 全て妻 63.2%2位 どちらもつくるが、妻のほうが多い 27.5%3位 どちらもつくる、夫のほうが多い 3.9%3位 どちらも全くつくらない 3.9%5位 全て夫 1.6%■全て妻・「すべて妻が作るのが常識だと思います」(43歳男性/その他/総合職)・「自分は家事をしないので」(58歳男性/ソフトウェア/クリエイティブ職)・「専業主婦なので当然」(25歳男性/金融・証券/専門職)・「妻が作った方が手際が良いし、おいしいから」(39歳男性/団体・公益法人・官公庁/営業職)・「料理ができないから、文句を言わずに作ってくれる妻を有り難く思う」(28歳男性/商社・卸/秘書・アシスタント職)・「おいしくないといわれるから」(36歳男性/通信/技術職)・「意味はない、先人からの習慣」(48歳男性/情報・IT/技術職)■どちらもつくるが、妻のほうが多い・「早く帰宅したほうが料理を作るという暗黙のルールができているが妻が多め」(25歳男性/電力・ガス・石油/技術職)・「私の帰りが遅いので、会社が休みの日だけこちらが作る」(31歳男性/金融・証券/営業職)■どちらもつくる、夫のほうが多い・「朝はパン食なのでおのおの、昼のお弁当は自分で朝に作り、夜は私が……」(28歳男性/医療・福祉/専門職)■どちらも全くつくらない・「すれ違い生活なので」(46歳男性/生保・損保/営業職)・「コロッケなどを買ったほうが安いから」(34歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)・「お互い料理が嫌い」(26歳男性/金属・鉄鋼・化学/営業職)■総評やはり「妻が食事を作る」割合が圧倒的だということが分かった。

夫が作ることが多い、という家庭はわずか5%にすぎなかった。

1位の「全て妻」と2位の「どちらもつくるが、妻のほうが多い」を合わせると9割以上だった。

「全て妻」の理由としては、「昔からの習慣」「そういうものだから」「専業主婦だから当然」といった回答が多く、家事は女性がするもの、と考えている男性が多いようだ。

また「自分(夫)が料理を作れないから」「仕事で帰りが遅いから」という声も多く見られた。

男女平等が叫ばれて久しいが、夫が仕事、家事は妻、という家庭内での分業体制は今も健在のようだ。

上げ膳据え膳で、黙々と「いただきます」「ごちそうさま」ではなく、たまには「おいしいね」の一言をかけてあげてほしい。

対照的に、「どちらもつくるが、妻のほうが多い」と答えた男性は、「一緒に料理をすることがある」「早く帰った方が作る」「休日だけ自分が作る」など、家事を積極的に手伝っている人が多かった。

”料理上手”の男性も多く見られ、女性にとっては頼もしいパートナーだろう。

同率3位は「どちらもつくる、夫のほうが多い」と「どちらも全くつくらない」。

親世代と同居で夫婦2人とも共働き、という家族構成が多いようだった。

また、それぞれ働く時間や生活スタイルが異なるため個食になっている、という回答もいくつか見られた。

(文・アリウープ 中嶋絵里) 調査時期: 2012年12月11日〜2012年12月17日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性182名調査方法: インターネットログイン式アンケート