東京都・代々木公園で13回目の「アースデイ東京」 -オーガニック食材販売も

写真拡大

アースデイ東京2013実行委員会は4月20日・21日、東京都・代々木公園ほかで「アースデイ東京2013」を開催する。

「アースデイ」は1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員が、4月22日を”地球の日”であると宣言し、「地球のことを考えて行動する日=アースデイ」として誕生。

「アースデイ東京」はその意志を汲み2001年より開催、今回で13回目を迎える。

NPO・NGOの出展でさまざま問題について学ぶこと、キッチン企画できちんと食べること、マーケット企画で考えて買うことなど、幅広いアクションから地球環境についてアプローチできるイベントとなっている。

昨年度は参加イベント141企画、参加396団体、来場者は11万人を記録した。

昨年好評だった企画「キッズウィークエンド」を今年も開催。

原発事故による精神的・肉体的ストレスが続いている福島の子どもたちを対象に、一時的でもストレスから解放され、のびのびと過ごせるよう、二泊三日の保養バスツアーを行い、東京近郊の自然の中や「アースデイ東京」のイベントに招待する。

開催日時は、4月20日10時〜19時30分、21日10時〜18時30分。

場所は、代々木公園(東京都渋谷区代々木神園町・神南2丁目)ほか。

その他、詳細は「アースデイ東京2013」Webページで確認できる。