FLOWが鳥山キャラに!? 映画『ドラゴンボール』主題歌&サントラのジャケ公開

写真拡大

ロックバンドのFLOWが3月20日(水)にリリースするニュー・シングル「HERO 〜希望の歌〜/CHA-LA HEAD-CHA-LA」と、27日(水)発売のアニメーション映画『ドラゴンボールZ 神と神』のオリジナル・サウンドトラックのジャケット写真がそれぞれ公開された。

FLOWのシングルは、スーパーサイヤ人の孫悟空らが登場する期間限定初回仕様、FLOWのメンバーが原作者・鳥山明タッチで描かれた期間限定盤通常仕様と異なる2種類のジャケットで発売。

これらに加えてオリジナル・サウンドトラックのジャケットを並べると、背景で神龍(シェンロン)が繋がるデザインが完成。

ジャケットは全て鳥山の描きおろしとなっている。

また、オリジナル・サウンドトラック初回仕様とシングルの期間限定盤初回仕様には、特典としてドラゴンボールヒーローズ限定デザインカードを封入。

それぞれ限定生産のため、なくなり次第販売は終了となる。

3月30日(土)に公開される映画『ドラゴンボールZ 神と神』は、原作者の鳥山自らが、原作・ストーリー・キャラクターデザインに関わり、17年ぶりとなる劇場版アニメの最新作。

舞台は、アニメーションシリーズ『Z』と『GT』の間、つまり原作517話で魔人ブウとの戦いが終わった後から518話までの空白の10年の間のエピソードであり、長い眠りから目覚めた全宇宙のバランスを保つ破壊の神・ビルスと悟空たちZ戦士の戦いが描かれる。

ビルス役に山寺宏一、ウイス役に森田成一、さらにはゲスト声優としてタレントの中川翔子と2012年ロンドン五輪柔道女子57キロ以下級金メダルを獲得した松本薫の2人の出演も決定。

先日には日本映画史上初となる「IMAXデジタルシアター」で上映を行うことも決定している。

(c)バードスタジオ/集英社(c)「2013 ドラゴンボールZ」製作委員会(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(c)BANDAI 2010-2013