東京都・吉祥寺で飲食店をめぐる「タウンバイキング」開催! -被災地支援も

写真拡大

地域活性化事業を手掛けるネクストローカルと、イベントの企画・運営を手掛けるおたまるは3月9日、”食”がテーマの地域活性化&被災地支援イベント「食べて応援しよう!タウンバイキング in 吉祥寺」を開催する。

「タウンバイキング」とは、街全体を巨大なバイキング会場に見立てて、料理を食べ酒を飲みながら参加店舗をまわり、そこで出会った参加者同士が交流できるイベント。

今回東京都・吉祥寺で行われる同イベントは、吉祥寺の飲食店を知ってもらい再訪を促す地域活性化に加え、被災地の食材を食べることを通じた被災地支援の活発化が目的という。

当日は吉祥寺の飲食店約20店舗(状況により増減あり)が参加。

被災地の食材を使った焼肉、和食、中華、エスニック料理店等を飲食できる。

開催に向けては、農林水産省が推進する共通のキャッチフレーズ「食べて応援しよう!」の取り組みをフード・アクション・ニッポンと連携して呼びかけており、被災地産食品の正確な情報を提供するほか、ヤフーが事務局になっている「復興デパートメント」の協力も受けているという。

イベント開催日時は3月9日15時〜18時。

場所は東京都武蔵野市吉祥寺駅周辺。

受付開始は14時30分で、混雑緩和のため受付会場は分散され、事前申し込みを行った参加者にメールで通知される。

チケットは前売り制で、参加料金は男性4,900円、女性3,900円。

参加は20歳以上の男女に限り、募集人数は600名(状況により変動あり)。

イベント詳細は「タウンバイキング in 吉祥寺公式ページ」で、参加店舗の情報は「イベント公式Facebookページ」でそれぞれ閲覧できる。