【男性編】仲のいい友人にどうしても聞いてみたいことランキング


仲がいいからこそ気になる





親友といえども、面と向かって言いにくいことはあるはず。相手が何を考えているのか、知りたいと思ったことはありませんか? そこで今回は、マイナビ会員の男性413名に、仲がよくてもどうしても聞いてみたいことについてうかがいました。





Q.仲のいい友人にどうしても聞いてみたいことを教えてください(複数回答)

1位 初対面のとき、自分をどう思ったか 26.4%

2位 自分の現状に対する正直な感想 24.5%

3位 なぜ自分と友達でいてくれるのか 13.1%

4位 自分に不満はないか 12.1%

5位 自分が困ったときに助けてくれるか 8.7%







■初対面のとき、自分をどう思ったか

・「仲良くなると、いつもだいたいこの質問をして友情を深めるために生かそうとしている」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「実際に聞いたことがあるから」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「本音を言ってほしい」(25歳/金融・証券/営業職)





■自分の現状に対する正直な感想

・「傷つけないように、悪いことは言わないようにしてくれているかもしれないので」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「他人が自分をどう見ているかが知りたいです」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「正当な評価をほしい」(24歳/食品・飲料/専門職)





■なぜ自分と友達でいてくれるのか

・「ありきたりでも、なかなか聞くことはない」(41歳/建設・土木/営業職)

・「たまに自分に自信がなくなったときに、なぜなのか聞きたくなります」(44歳/情報・IT/事務系専門職)

・「意外と、これ聞いてみたい」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)





■自分に不満はないか

・「他人の評価は気になる」(30歳/金融・証券/営業職)

・「相手に対して自分に自信がない、というのは今でも少し感じています」(36歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「仲がいいだけに聞けない」(31歳/運輸・倉庫/営業職)





■自分が困ったときに助けてくれるか

・「結構自己中な友人が多いので、困ったときに助けてくれるかどうかは非常に疑問」(33歳/情報・IT/技術職)

・「友情の度合いを確かめたいから」(30歳/食品・飲料/営業職)

・「苦境に陥ったときに力になってくれるかどうかが、本当の友人かどうかの境目だと思う」(43歳/電機/事務系専門職)





■番外編:友人の本音を知りたい

・自分と会う前はどんな人だったか「出会う前はどんな生き方をしていたのかは興味がある」(22歳/建設・土木/技術職)

・家に行っていいか「たまには家においでよと言いつつ、会うときはいつも外になる友人。ホントに行って良いのか、そのうち確かめたい」(33歳/情報・IT/技術職)

・価値観が同じかどうか「もっと仲良くなれるかもしれないから」(29歳/情報・IT/技術職)





総評

1位は「初対面のとき、自分をどう思ったか」でした。男性の意見、ということを考えると、少々意外な結果でしょうか。2位は「自分の現状に対する正直な感想」です。自分に対してのありのままの「評価」が知りたい、という意見が多数ありました。





3位は「なぜ自分と友達でいてくれるのか」です。そもそもあまり聞く質問じゃない、という指摘が多数。しかし、多くの人から、「面白そうなので聞いてみたい」という意見が寄せられました。





5位には「自分が困ったときに助けてくれるか」がランクインしています。そのほとんどが、「自己中な人が多いのでまだ友人を信じられない」と感じているようです。総じて、自分をどう思っているかズバリ聞いてみたい、という結果となりました。

(文・OFFICE-SANGA 澤井輝一)





調査時期:2012年12月1日〜2012年12月7日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性413名

調査方法:インターネットログイン式アンケート