【女性編】仲のいい友人にどうしても聞いてみたいことランキング


一度、思い切って聞いてみたい





仲のいい友人といえども、腹の中を探ることは難しいもの。自分についてどう思っているか、聞いてみたいことはありますよね。自分のどこが好きなのか等々、考え出すとキリがありません。皆さんは友人にどんなことを聞いてみたいと思っているのか、マイナビ会員の女性549名にうかがいました。





Q.仲のいい友人にどうしても聞いてみたいことを教えてください(複数回答)

1位 初対面のとき、自分をどう思ったか 30.6%

1位 自分の現状に対する正直な感想 30.6%

3位 なぜ自分と友達でいてくれるのか 24.6%

4位 自分に不満はないか 14.9%

5位 美容・健康の秘訣(ひけつ) 8.2%

6位 自分が困ったときに助けてくれるか 7.3%





■初対面のとき、自分をどう思ったか

・「出会ったころの話をするのが好きだから」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「最初のときと印象が違うとよく言われるから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「自分のことを正直に教えてほしい」(24歳/商社・卸/事務系専門職)





■自分の現状に対する正直な感想

・「仕事、結婚など、お互いの環境が大きく変わってきている時期だから」(25歳/情報・IT/技術職)

・「人はどんどん成長し、変わるものなので、今の自分をどう思うかは気になるので」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

・「聞くのが怖いから」(24歳/金融・証券/営業職)





■なぜ自分と友達でいてくれるのか

・「怖いけど興味がある」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「不安だから」(23歳/情報・IT/営業職)

・「いまさら聞けない」(30歳/商社・卸/事務系専門職)





■自分に不満はないか

・「怖いので逆に一度聞いてみたい」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「自分に不満がないかが一番気になります」(24歳/その他)

・「これからも付き合っていきたいから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)





■美容・健康の秘訣(ひけつ)

・「肌がつるつるの人がいるから聞いてみたい」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「友人がきれいだから」(23歳/生保・損保/事務系専門職)

・「どんな生活をしているか聞いてみたい」(27歳/自動車関連/営業職)





■自分が困ったときに助けてくれるか

・「直接、自分への不満や正直な感想を聞いてしまうと、疑心暗鬼になりそうで嫌だな……」(33歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「助けてもらえる人が本当の友達な気がする」(31歳/食品・飲料)

・「最近相談できる人がいなくて困っている」(25歳/農林・水産/営業職)





■番外編:知られざる友人の一面を教えてほしい

・価値観が同じかどうか「大事です」(37歳/学校・教育関連)

・恋人はいるか「すごく気になる」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

・なぜ才能があるのか「作家の友人にぜひ聞いてみたいけど、恥ずかしくて聞けないため」(27歳/情報・IT/クリエイティブ職)





総評

1位は「初対面のとき、自分をどう思ったか」でした。出会ってから時間が経つと、相手に聞きづらいこともありますよね。「出会ったころの話をするのが好きだから」というコメントのように、ノリで迫れば友人の本音を引き出せるかも?





2位は「自分の現状に対する正直な感想」でした。自分の成長をみてほしい、という積極的なニュアンスが多かったです。3位は「自分に不満はないか」が選ばれました。これからも付き合っていきたいから、悪いところがあれば直したいという意見が多数です。





5位は「自分が困ったときに助けてくれるか」。あくまで、それが不安だから聞く、という意見がほとんど。総じて、ズバリ本音を聞かせてほしいと思う女性が多いようです。

(文・OFFICE-SANGA 澤井輝一)





調査時期:2012年12月1日〜2012年12月7日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性549名

調査方法:インターネットログイン式アンケート