全国の団体に順次寄付金が贈られる

写真拡大

天然水ブランド「い・ろ・は・す」を飲むだけで水資源の保護に参加できるプロジェクトに、寄付金が約6000万円集まった。同ブランドを扱う日本コカ・コーラが2013年2月18日に発表したもので、水資源保護活動をする全国の団体に順次寄付金が贈られる。また、2013年もプロジェクトが継続することが決まった。

2012年の寄付金約6000万円、NPOや自治体へ還元

「い・ろ・は・す」は、'おいしい'と'環境にいい'を両立させることにこだわった天然水ブランドだ。「い・ろ・は・す」を飲むことが、日本各地の地元の水を守る活動につながるよう、「い・ろ・は・す "地元の水"応援プロジェクト」を2012年3月5日から12月31日まで実施してきた。

期間中に購入された「い・ろ・は・す」売り上げの一部が、コカ・コーラシステムの選出した、植林・間伐、水源の緑化・清掃などを行うNPOや自治体へ2013年中に随時還元される。日本全国7か所に採水地を持つ「い・ろ・は・す」ならではの活動と言えるもので、集められた寄付金の総額は5716万5724円にのぼった。

2013年からも同プロジェクトは継続され、2月25日から10月20日までに対象製品の「い・ろ・は・す」、「い・ろ・は・す みかん」、「い・ろ・は・す りんご」のいずれか(全パッケージ対象)を購入すると、水資源の保護支援に参加できる。