海外旅行に払える金額1位は「11万円から20万円」-トリッピース調べ

写真拡大

ソーシャルサービス「trippiece(トリッピース)」を運営するtrippieaceは、若者の海外旅行の実態を知るため、10代から20代の男女320人に調査を行った。

調査期間は12月から1月。

初めて会う人と旅行に行くことについて調べたところ、約半数の人が「新しい出会いがあるため、初めて会う人と行ってみたい」と答えている。

また、旅の目的を尋ねたところ、最も多かったのは「風景・大自然」で、次いで「人との交流」、「世界遺産・遺跡」だった。

twitterやFacebookなど、ソーシャルメディアでのやりとりがメジャーとなっている今、何日間か共に過ごす旅行でさえ、初めて会う人と行くことに対して抵抗を感じない人が多くなっていることが伺える。

「海外旅行に対し、いくらまでなら払えるか」と聞いてみたところ、「11万円から20万円」が約43%、「21万円から30万円」が25%、「30万円以上」が13%という結果になった。

安くて近場の手軽な旅行が主流となっているが、海外旅行にかけることのできる金額は、比較的大きいことが今回の調査で明らかとなった。

行ってみたい国はどこか尋ねたところ、1位の「アメリカ」や2位「トルコ」のほか、南米の「ボリビア」や「ペルー」、「インド」などが上位にあがっている。

このことから、一般的なツアーではあまり組まれていないような地域に、憧れを抱く人も多いことがわかった。