欧州経済の予想外の失速が、 アベノミクスを曲がり角に立たせる!?

写真拡大

【今回のまとめ】
1.円安になった一因は、日本経済の内容が一番悪かったから
2.先週あたりから欧州の見通しが暗転している
3.通貨安戦争を仕掛けたい国は日本だけじゃない

曲がり角に立たされたアベノミクス

 先週末(2月16日)のG20では、各国が輸出促進の目的で自国の通貨を切り下げる、「通貨安競争の自粛」が確認されました。

 「アベノミクス」はデフレからの脱却を目指す経済政策ですが、意図的にインフレを起こすという行動は、通貨の価値を切り下げることにほかならないので、必然的に「通貨安へ誘導している」という風に外国からは受け取られます。

 実際問題として、何が通貨安競争に該当するか? という基準は曖昧ですし、ある意味、先進国の大半がすでにそれをやっている、という風にも言えます。

 2012年11月以来、円が独歩安した理由は「アベノミクス」だけではありません。背景には、欧米の経済が幾分持ち直したようだという市場関係者の認識があったからです。

 言い直せば、比較感で一番凹んでいるという印象を与える国の通貨は、売られやすかったということです。つまりその意味では「日本の経済が相対的に一番悪い」という認識が円安を進めたといえます。

暗転する欧州の見通し

 しかし、先週あたりから、市場参加者のこの認識が変化しつつあります。

 まず、欧州の2012年第4四半期のGDPが発表されたのですが、そこでは持ち直しているどころか、欧州の景気のつんのめりがいっそう酷くなっていることが判明しました。

 イタリアやスペインといった南欧諸国の内容の悪さはもちろん、これまで比較的しっかりしていたドイツでさえ景気にかげりが見えています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)