気温や気圧などを測れるハンディサイズ「気象観測機」が発売

写真拡大

気象サービスを提供するウェザーニューズは、2月15日、「SORASHOP Ch.」にて、3つのボタン操作で気温や気圧など10の気象データを測ることができる、ハンディサイズのオリジナル気象観測機「ソラヨミマスターホワイト」の販売を開始した。

価格は15,000円。

同商品は、「身近な気象を測ることで観測データと自分の感覚の違いを知り、五感を磨きながら、観測・感測する楽しみを感じてもらうこと」を目的に制作された。

「ビューッと吹く風はどのくらいの数字なのか?」「炎天下、自家用車の中の温度はどれくらいになるのか?」など、身近な生活シーンで気象データが気になったとき、すぐに調べることができるという。

観測できる気象データは、温度、風速、気圧、標高など全10要素。

温度は-45.0℃から最大125.0℃まで測ることができ、気圧変化を誤差1.5hPaから2.5hPaの範囲で捉えるほか、風速を0.6m/sから最大で60.0m/sまで計測する。

誤差は3%以内になるよう、観測機上部のプロペラを用いて校正されるとのこと。

また、夜間の観測も行えるよう、ディスプレーにバックライト点灯機能を搭載。

そのほか、気圧変化が分かる3時間の気圧傾向の表示機能や、観測結果を書きとめる際に使える”データホールド”機能を搭載しており、詳細な観測結果を記録してまとめられる。