ソフトバンク社長 孫正義氏

写真拡大

ソフトバンクにとって節目の年になった2010年。日本国中の注目を集める時代の寵児が、「最後の大ぼら」として、30年後、300年後の未来を語った。

■大好きな祖母に「大キライ!」

何度も言ってきたことですが、私が、ソフトバンクで成し遂げたいのは、「情報革命で世界中の人々を幸せに」ということです。名前も知らない、カンボジアかどこかの小さな女の子が、誰に感謝していいかわからないけど「ありがとう」とつぶやきたくなるような、そんな幸せに貢献できるような会社になりたい。

そう考えるのは、私のルーツに理由があります。私の祖母は韓国籍です。14歳のとき、日本語もままならない、知り合いも頼る人もいない状態で、たった1人で日本に来て、倍以上も年の離れた私の祖父と結婚しました。きっと辛かったと思います。そんな祖母から生まれた私の父は、中学生のときには一生懸命働いて、家計を支えていました。ヤミの焼酎をつくって、残飯で豚を育てて、なんとか生きていたんです。そんななか、1957年に私が生まれました。

私の戸籍には「佐賀県鳥栖市五軒道路無番地」と書いてあります。無番地ならわざわざ書かなきゃいいのにね。でも、線路脇の空き地に、トタン屋根のボロ家を勝手につくって不法に住んでいただけなので、正式に戸籍を認めるわけにはいかなかったんでしょう。父の時代と比べたら、少しは生きやすい状況でしたが、私は無番地で生まれた子どもだったんです。

父も母も働くのに必死だったので、私をかわいがってくれたのは祖母でした。3、4歳の頃、リヤカーで散歩に連れていかれたのを覚えています。そのリヤカーは、飼っていた豚のための残飯を近所の食堂から運ぶのに使っていたので、黒っぽくて、ぬるぬるして、腐ったような臭いがしました。小さい頃は嫌でも何でもなかったですけどね。でも、少し物心がついてくると、あれほど好きだった祖母のことが大嫌いになりました。私にとっては、祖母=キムチ、キムチ=韓国だったんです。私たち家族は、日本名で息を潜めるようにして生きていましたから、その不満が全部祖母に向いてしまった。

父が吐血して入院したのは、私が高校生のときでした。母は身を粉にして働き、1歳年上の兄も高校を中退して家計を支えました。なんとか這い上がらなきゃいけない、と思った私は、アメリカに渡ることに決めました。家族中、親戚中、学校中に冷たいヤツだと止められましたが、迷いはなかった。必ず事業家になるタネを見つけて、長い目で見れば家族を支える存在になろうと心に決めていたからです。立派な事業家になることで、自分と同じように国籍や人種で悩んでいる人に、人間は一緒だと証明してやろうと誓ったんです。そう決意をしてから、祖母に謝りました。そして、渡米する前に先祖の国・韓国をふたりでまわりました。行ってみたら本当に小さな村で、電気もきていないような場所でしたよ。痩せ細った土地だから、採れるリンゴだって小さいんです。暗いロウソクの灯りの中で夕食を食べたことを覚えています。祖母は日本からツギハギだらけの服をたくさん持っていって、村で配っていました。そんなボロボロのお土産なのに、村の人たちは満面の笑みで喜んでくれた。祖母もすごく嬉しそうでした。私自身、事業を興して2年で大病を患ったのですが、そのとき改めて思い出しましたね。大切なのは、お金でも地位でも名誉でもない。何も持っていなくても、ボロボロの服だって喜んでもらえる。そういうことに貢献することこそが本当の幸せなんだって。

そこで今回は、今後世界中の人々を幸せにしていくソフトバンクの「新30年ビジョン」についてお話ししたいと思います。私の現役時代最後、30年に1回の大ぼらです。

「新30年ビジョン」をつくるにあたっては、2万人の社員全員が意見を出しました。ツイッターのユーザーからもいろんな意見をもらいました。ソフトバンクの願いは世界中の人々の幸せです。だから、ツイッターでは幸せや悲しみについて意見をもらいました。まず、「人生で最も悲しいことはなんでしょうか」とツイートしたところ、1日で2500を超える意見が集まりました。21%の人は身近な人の死だと答え、14%の人が孤独、11%の人が絶望だと答えました。裏切りや、何も感じなくなることだと答えた人もいました。表現の違いはありますが、一番の悲しみを一言で表現すると、結局は「孤独」ということになるんじゃないでしょうか。逆に「人生で最も幸せなことはなんでしょうか」とツイートしたところ、生きているだけで幸せだという人もいれば、達成感、自己実現、愛すること、愛されること……幸せは千差万別ですが、一言で表現すると「感動」ということになるかもしれません。私たちは情報革命で悲しみを減らし、感動の輪を広げて、喜びを大きくしていきたい。

ソフトバンクは創業30周年ですが、苦難の連続でした。ブロードバンドを開始したときは一瞬で3000億円もの累積赤字を出してしまった。株主総会に出ても、理屈はいいから株価を上げろと言われたし、ある老婦人からは「主人の遺産をすべてソフトバンクに投じた。信じているから何としても頑張れ」なんて言われたりして。涙が出ましたね。紆余曲折あって、赤字のどん底から這い上がって、ソフトバンクの2009年度の営業利益は、日本で3位のところまできました。でも、我々は30年後、世界の人々が最も必要とする企業になっていなくてはならない。最も愛される企業トップ10に入っていなくては。そう考えると、目指すは時価総額200兆円企業です。時価総額(2010年6月現在)が2兆5000億から7000億円の間だから……まだまだ歯を食いしばって頑張らなくちゃいけませんね。

人間の命はたかだか50〜100年ですが、企業は私がいなくなった後も続いていきます。300年続くような企業カルチャー、組織の考え方、哲学、つまりソフトバンクグループのDNAを設計するのが私の役割だと思っています。そういう意味で、30年で一体どこまでやれるのかということの前に、大ぼらついでに今後300年のビジョンについても語っておこうと思います。

過去があって未来がある。300年先を見通す前に、300年前を見ておきましょう。たとえば300年前、一般庶民の平均寿命はたった33歳。貴族のようなお金持ちでも39歳でした。そしてちょうどこの頃、産業革命がはじまり、蒸気機関車がつくられました。製鉄法ができて、紡績や蒸気船、鉄道の開通。いわゆる文明開化です。機械ができたことによって、ライフスタイルは圧倒的に変わりました。機械が人間の職を奪う邪魔なものだとみなされ、ラッダイト運動が起きたりもしています。でも、結果的には機械によって人間は過酷な重労働から解放され、水道ができたことで衛生環境もよくなって、寿命が延びた。現在の私たちの幸福は、産業革命の賜物だと思います。

■1兆の1億倍! 宇宙の果てを超える

では、これから先の300年はどうなるのか。300年前は機械でしたが、これから起きるのは情報のビッグバン。たとえば100年前、アナログ式の計算機は大変高価でしたが、1秒あたり0.000006回しか計算できないような代物でした。現在は3500兆倍の計算ができます。コンピュータも人間の脳も、トランジスタやシナプスがくっつく、離れる、という2進法で計算をしていますが、いつかはひとつのコンピュータチップのトランジスタの数が人間の脳のシナプスの数を超える日が来ます。私の計算によれば、18年。誤差があっても、10年以内に人間の脳を超えるコンピュータチップが登場します。では、100年後はどうなるのか、計算してみました。なんと100000000000000000000(以下、1垓)倍です。この数の単位すら知らない人も多いでしょう。1兆の1億倍のことで、1メートルを1垓倍すると宇宙の果てを超える、というくらい大きな単位です。さらに100年後には1垓倍の1垓倍になり、300年後には1垓倍の1垓倍の1垓倍。これ以上になると辞書にも単位がありません。本当にそんなことが起きるのかと言われれば、イチガイには言えませんが(笑)。

つまり、300年後はすごく予想外な状態だということです。でも、300年後も人はパンを食べていて、日本人は米を食べているでしょう。吉野家で牛丼を食べているかもしれない。でも、コンピュータに関しては、人類最大のパラダイムシフトを経験することになる。

300年後には「脳型コンピュータ」を普通に使いこなす時代になっていると思います。脳とは、データ(知識)とアルゴリズム(知恵)を自動的に獲得していくものです。今までのコンピュータは、人間がプログラミングしてはじめて計算したり記憶したりしていましたが、データの自動集積機能や人工知能はすでに始まっています。そう遠くない未来、自ら学習していくコンピュータが生まれるでしょう。また、脳には知識と知恵以外に「感情」という大切な機能があり、知識や知恵を感情の中にある「欲望」を満たすために使っているのです。でも、欲望を満たすだけではただの野蛮人。欲望に従って脳型コンピュータが暴走しだしたら大変です。でも、私は逆に知性や愛情、優しさといった深い次元の感情を持たせることが、コンピュータの制御につながると思いますね。そうしたら、「超知性」とでも呼ぶべきものの誕生です。

■超知性で人々を幸せに

超知性と共存する300年後、人間の平均寿命は200歳になるでしょう。その頃にはDNA治療が発達し、人工臓器が一般的になっていると思います。人間は、調子の悪いパーツを次々に入れ替えることで長生きするのです。脳型コンピュータとも、直接体を通じて通信する時代になっているでしょう。チップとチップが無線で通信し合い、異なる言語を話す人同士も自動翻訳で話せるようになるのです。犬と話せる時代も来るかもしれない。そうなると、ソフトバンクは携帯電話会社ではなく、テレパシー会社といえるかもしれませんね。脳型コンピュータ搭載のロボットができれば、地震などの災害救助も簡単で確実です。お医者さんもいなくなって、手術も愛や優しさを持ったロボットがするようになるかもしれません。私はSF映画の監督でも小説家でもない。ソフトバンクを興した事業家として、人々の幸せのために脳型コンピュータを広めていきたいと思います。

急に現実的ですが、皆さんも見ることができる、30年後の話をしましょう。30年後、コンピュータチップのトランジスタの数は、人間の脳をはるかに追い越して100万倍になります。今現在の100万倍のメモリ容量があり、300万倍の通信速度が可能になるでしょう。その頃にはきっと「iPhone 34」が出ていますね。すると、3万円くらいのiPhoneに5000億曲入って、3億5000年分の新聞も入ってしまうという計算に。スピードだって、現在の比ではありません。1秒間に世界中で発行されている新聞・雑誌・書籍がダウンロードできてしまう。

そんな時代にソフトバンクが提供したいのは、やっぱり幸せなんです。30年後も300年後も変わらず、情報革命で世界中の人々を幸せにすること。自立していて、分散型で、強調し合うことのできる世界中の優れた企業と、戦略的シナジーグループをつくります。孫正義が発明したのはチップでもソフトでもハードでもなく、300年成長し続ける組織構造だといわれるようになりたい。「ソフトバンクはただの投資会社じゃないか」という非難を受けることもありますが、私は「いずれあなたたちも私のやり方を理解するときがくるでしょう。300年以内には」と腹の中で思っていますよ(笑)。

でも、どんなにテクノロジーが進んでも、人間は全部をコンピュータ任せにはしないでしょうね。自分の愛を一番に求めて、愛のために身を捧げて、愛に傷ついて。300年後もやっぱり「愛ってなんだろう。愛って難しい」とつぶやいてるんじゃないかと思いますよ。

※2010年6月25日に発表されたソフトバンク「新30年ビジョン」の要旨です。一部発言の順序を入れ替えた部分があります(写真と本文は関係ありません)。

----------

ソフトバンク社長 孫正義
1957年、佐賀県生まれ。81年に日本ソフトバンクを創業。2001年のヤフーBB立ち上げ、06年のボーダフォン日本法人買収。「これまでの僕の人生の中でもっとも大切なスピーチ」と話す「新30年ビジョン」全編を収録した書籍を刊行。

----------

(ソフトバンク社長 孫正義 編集協力=大高志帆 撮影=小倉和徳)