向後の7日株:短期資金流入加速!連日、最終気配ストップ高買い気配のボラ高直近IPO株(318X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

買取王国 (3181)が今日の注目銘柄!

足元の円安一服による、日経平均の調整のなか、短期資金の流入が加速している直近IPO銘柄として注目します。日中の株価変動率が高い銘柄のため、機敏な売り買いができ、且つ、損切りも躊躇なくできる投資家の方向けの銘柄ですが、セカンダリーでは、なかなか他に良い銘柄が見当たらないため、直近IPO銘柄の同社をピックアップしました。

同社は、2月14日にJASDAQに上場し、公募価格は900円、初値は公募価格の2.22倍の2000円でした。初日、翌日ともに最終気配はストップ高買い気配と、力強い値動きとなっています。市場からの吸収金額も小さい軽量案件であり、今後、初値の2000円を割り込まない限り、株価ラリー継続が期待できます。

事業ドメインを価値再生感動創造業と定義し、「夢ある商品とサービスを通して、喜びと心の満足を創りだしていきます。」という経営理念のもと、総合リユース小売業として、買取王国、マイシュウサガール及びその他業態を運営。店長を中心としたそれぞれの店舗のスタッフが会社経営に参画する意識を持ち、商品構成や価格決定権などの権限を大幅に委譲されている「個店経営」のチェーン形態をとっています。

同社の主力業態である「買取王国」においては、衣料品・服飾雑貨・ホビー・雑貨・トレーディングカード・高級ブランド品等を取り扱っています。単に価格が安い中古品を販売するのではなく、特に趣味性やコレクション性の高い商品の品揃えが豊富なことが特徴で、顧客ターゲットの中心は20〜30歳代の男女となっています。現在は、東海3県(愛知県、岐阜県、三重県)と大阪府に直営25店舗、岐阜県にフランチャイズ(FC)1店舗を展開しています。

また、「マイシュウサガール」においては、買取王国業態において、一定期間以上売れ残った商品を移動し販売するアウトレット業態を展開しています。今後は関西圏のドミナント展開も併せて進めていくとのことです。
関西圏へのドミナント戦略の一環として、12年2月出店の枚方店(大阪府枚方市)に続いて12 年6月には寝屋川店(大阪府寝屋川市)を開設しました。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。