日本はやっぱりウサギの家? 気になる海外の住宅事情

写真拡大

統計局による「平成20年住宅・土地統計調査」によると、日本の住戸1戸あたりの平均床面積は94平方メートルです。

日本の家屋の狭さは世界でも有名で、以前は海外の方から「ウサギ小屋」なんて言われていたこともあったようですが、今でもそれは変わっていないのでしょうか。

世界の住宅事情はどうなっているのか、平成23年「世界地価等調査結果」で確認してみましょう。

■ニューヨークの家はどんな感じなの?ニューヨークの一般戸建ての標準床面積は148平方メートルです。

敷地面積270平方メートル、床面積148平方メートルの一般住宅を購入した場合、土地・建物の総額は38万4,000ドルとなっています。

■サンフランシスコの家の場合カリフォルニア州北部にある、アメリカ西海岸を代表する都市がサンフランシスコです。

そんなサンフランシスコの家の標準床面積は、111平方メートル。

日本よりもやや広いですが、親しみの感じられる家が多そうです。

土地・建物込の住宅価格は49万ドル。

ニューヨークよりも価格は高いようです。

■やっぱり気になるハワイの家老後に住みたい国として一番人気の高いハワイの住宅も、やはり気になります。

ハワイの最大都市・ホノルルの一般戸建ての床面積は、130平方メートルです。

ニューヨークとサンフランシスコのちょうど中間位です。

住宅価格の平均は土地込で57万ドル。

アメリカ本土よりも住宅価格は高いようです。

■カナダ、バンクーバーは?同じく定年後に住みたい国として人気のあるカナダですが、カナダの一般戸建ては平均床面積が223平方メートル。

世界で二番目に大きい面積の国土があるだけに、広い家も多いのかもしれません。

土地・建物込の住宅平均価格は83万5,000ドル(カナダドル)です。

■メキシコの家は?治安面で不安の多いメキシコですが、企業の海外進出に伴い、もしかしたら縁があるご家庭もあるかもしれません。

メキシコの一般戸建ての標準床面積は175平方メートル。

住宅価格(土地込)平均は、307万5,000ペソです。

■ブラジル、サンパウロの家を見てみようブラジル最大のメガシティーがサンパウロです。

南米の経済・文化の中心地であるサンパウロでは、一般戸建ての平均床面積が180平方メートルとなっています。

中流クラスは100平方メートルのマンション居住者が多いという方もいます。

平均住宅費用(土地込)は、30万9,350ドルと価格は安いようです。

■イギリス、ロンドンの家は世界都市としても有名なイギリス・ロンドンの一般戸建てでは、標準の床面積が140平方メートル。

また、400平方メートルの敷地にある一戸建てを購入した場合の平均総費用が、93万4,500ポンドです。

住宅購入の費用目安は国ごとにレートは異なるため、円で換算したい場合には、為替レートでチェックしてみるとよいでしょう。