●エリーチカ

(画像:「ラブライブ!」公式Webサイトより)
© 2013 プロジェクトラブライブ!

TVアニメ「ラブライブ!」がTOKYOMXテレビその他で放送されています。

●キャスト
高坂穂乃果:新田恵海
絢瀬絵里:南條愛乃
南ことり:内田 彩
園田海未:三森すずこ
星空凛:飯田里穂
西木野真姫:Pile
東條希:楠田亜衣奈
小泉花陽:久保ユリカ
矢澤にこ:徳井青空
高坂雪穂:東山奈央
穂乃果の母:浅野真澄
理事長(ことりの母):日高のり子

●ストーリー
秋葉原と神田と神保町という3つの街のはざまに古くからある伝統校「音ノ木坂学院(おとのきざかがくいん)」。
しかし、さしたる特色も無い都心の地元校は、少子化とドーナツ化の波に押され、近年、生徒数が激減。廃校の危機!

そんなとき9人の少女達が立ち上がる。
私達の大好きな学校を守るために――私達ができること、それはアイドルになること!!」

叶え! 私たちの夢――
●前回のラブライブ!
PV撮影と漸くアイドルらしい事が出来たμ's。リーダー争いも全員センターということで収まりました。これからの彼女達の活躍に期待です!
●ラブライブ開催決定!
小泉花陽「大変です!ラブライブです!ラブライブが開催される事になりました!」
高坂穂乃果「……ラブライブって何?」


「ラブライブ」とは全国のスクールアイドルによるコンテストで、ネット上の上位20チーム選抜により決定されるシステムのようです。

それを見に行こうとする小泉花陽ですが…、

高坂穂乃果「なんだ、私、てっきり出場しようとしているのかと思った!」

確かに厳しい条件ですが、μ'sのネット上の知名度も急上昇!そのため西木野真姫は出待ちや写真撮影までされてしまいます。

※ちなみに高坂穂乃果はその手の話は全く無し!それがアイドル格差社会の厳しいところ。
●理事長、許可を出す!
ラブライブの出場には学校の許可が必要。そこでμ'sは理事長へ許可を取りに行きます。ちなみに生徒会への交渉は困難との判断ですが…。

何と理事長はあっさり許可を出します。

※この理事長、高校2年生の娘(南ことり)がいるとは思えないくらい若く見えます。

但し、ラブライブの出場条件としてμ'sの7人が今度のテストで赤点を取らない事!これは大丈夫と思いきや、

高坂穂乃果・星空凛・矢澤にこ「ううう…。」

あまりの成績不振のため、μ's大ピンチ!とにかく3人を何とか赤点回避するべく猛勉強する事になります。

※高坂穂乃果・矢澤にこは数学、星空凛は英語が弱いみたいです。ちなみに矢澤にこは東條希による個別指導が入ります。
●猛勉強!
東條希「次の問題の答えは?」
矢澤にこ「にこ、にこ、りーん…。」


矢澤にこは東條希によるおっぱいお触りのお仕置きプレイ炸裂!

※本当に大丈夫なんでしょうか?
●ライブ映像の撮影者は?
μ'sのライブ映像を撮影していたのは生徒会長の絢瀬絵里。しかも彼女の妹(絢瀬ありさ)がその映像を見ていたのですが…。

園田海未は絢瀬絵里に対して感謝するも、絢瀬絵里は決してμ'sを褒めていません。それは彼女から見てμ'sは素人レベルに見える為。

園田海未「貴方に私達の事、そんな風に言われたくありません!」

※ちなみに絢瀬ありさはロシア暮らしが長いため、おでん缶を飲み物だと思い込んでいたらしいです。
●廃校決定!
東條希に絢瀬絵里の事を尋ねる園田海未。そこで絢瀬絵里がバレエをしていた事を知ります。それもかなりの高レベルで。

だからこそ絢瀬絵里はスクールアイドルのレベルの低さ(特にダンス)を許せないようです。

逆に言えば絢瀬絵里からダンスを習えればμ'sのレベルも向上する。園田海未はそう考えるのでした。

ちなみに赤点は無事回避!これでラブライブへのエントリーも正式に認められます。しかし、

理事長「音ノ木坂学院は来年より生徒募集をやめ、廃校とします!」

ショッキングな事実を知った高坂穂乃果ですが…。

「ラブライブ!」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ラブライブ!」第6話「みんなセンター」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ラブライブ!」第5話「アイドル研究部!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ラブライブ!」第4話「小泉花陽、アイドルを夢見て」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ラブライブ!」第3話「完敗からのスタート!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ラブライブ!」第2話「作曲家を探せ!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ラブライブ!」TVアニメ公式Webサイト