永谷園ならではの飴

写真拡大

永谷園は2013年2月25日、「永谷園の抹茶飴」と「永谷園の梅干し飴」を発売する。ロングセラーの看板商品「お茶づけ海苔」と「梅干し茶づけ」のために「選び抜いた素材」を使っている。

抹茶と梅干しのアクセント

「抹茶飴」は、「お茶づけ海苔」の抹茶を使っていて、抹茶の香りとほろ苦さを楽しめる。まろやかな甘さの中に岩塩が利いている。「梅干し飴」は、梅のさわやかな香りがする生地に「梅干し茶づけ」の梅干しフレークを練りこんだ。甘酸っぱい味わいに、梅干しフレークがアクセントを加えている。

価格はともに、1袋70グラム入りで198円。