セールスフォース・ドットコムCEOのマーク・ベニオフと「TOMODACHI〜」の高校生たち(と、当日ボランティアで参加した大学生たち) 。

写真拡大

■リーダーの声を直接聴いた日

2012(平成24)年12月6日、東京湾岸部有明地区。コンベンション施設「東京ビッグサイト」に、東北から9人の高校生がやってきた。この日行われたイベント「CloudforceJapan」に出席するためだ。同イベントは、マーク・ベニオフが1999年に創業したネットワークサービス大手企業「セールスフォース・ドットコム社」のプライベートイベント。同社は営業支援や顧客管理などすべてのサービスをインターネット経由で提供する。ユーザー企業はPC端末にも自社サーバにもソフトウェアを置く(=自ら手間をかけて管理する)必要がない。ソフトバンクもセールスフォースのユーザー企業だ。

この連載にとって重要なことは、セールスフォースが、合州国駐日大使館と同国NPO「米日カウンシル」が主催している日米交流プログラム「TOMODACHI」スポンサーの1社だということだ(ソフトバンクがスポンサードする「TOMODACHIサマー2012ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」は、そのなかのひとつとして行われている)。この日の高校生たちの往復交通費はセールスフォース持ち。会場にやって来た高校生たちは、揃いの「TOMODACHI」ロゴ入りTシャツを身にまとい、会場中央の円形ステージかぶりつきの席へと座る。午後3時半、巨漢のベニオフが壇上に立ち、高校生たちを会場に紹介する。拍手の中立ち上がり、お辞儀をする高校生たち。

少ししてベニオフと豊田章男(トヨタ自動車社長)、コリン・パウエル(合州国前国務長官)のトークセッションが始まった。テーマは「イノベーションとグローバルリーダー」。「リーダーシップ」をテーマに合州国で3週間学んできた高校生たちは、これを見に来た。パウエルが「大事なことは『失敗をしないこと』ではない。リスクを取れば人間は失敗をするものだ。大事なことは、失敗をだれかのせいにせず、自ら責任を受け止め、考え、活かしていくことにある」と語る。ブッシュJr.政権の穏健派としてイラク戦争開戦に最後まで反対し、2005年に国務長官の職を自ら辞した男のことばだ。

続けて「わたしが社長になってから、トヨタにはあまりいいことが起きていません」と会場を笑わせたあと、豊田章男が2010(平成22)年2月24日、大規模リコール問題で合衆国下院議会の招致を受け、公聴会に臨んだときの話を始める。「社長の役割とは、味方が安全に逃げるまで最後まで戦う『殿(しんがり)』だと考えています。公聴会の場で初めて、会社のために役に立つ『殿』になれたことを光栄に思いました」——。

めったにマスメディアの取材を受けない、受けてもいわゆる「見出しになりやすい面白い話」をしない(これが取材する側の彼への総評と言っていいだろう)豊田章男が、じつに具体的でかつ興味深い話をしている。東北からやってきた9人の高校生は、なかなかに貴重なものを目の前で見たことになる。

イベントが終わり、ベニオフが壇から降りて高校生たちに歩み寄る。記念撮影が始まる。終了後、高校生たちと話す機会があった。ためしに訊いてみる。ところで、今日のスポンサーのセールスフォースって何の会社かわかります? 予想どおりだれも知らない。釜石編でも書いたが、BtoB企業の名を高校生が知る機会は少ない。今日はその貴重な機会でもあったということだ。

このイベントへの招待は、「TOMODACHI〜」参加者が集まるFacebook上での先着順。結果、各県3人ずつ、計9人が東京に招かれた。うち4人はすでに取材で会っていた。岩手は宮古市の佐々木勇士さん、宮城は石巻市の庄司大樹さん、同じく多賀城市の太田佳奈さん、福島県郡山市で会った嶋田亮さん。この日初めて会った高校生は5人。そのうちの男子2人に、こちらは日をあらため話を訊くことになる。詳しく聞かせてもらわねばならない大きなできごとが、この日起きていたと知ったからだ。1月中旬、まず、岩手県奥州市のJR水沢駅に1人目を訪ねた。

■「一緒にやろうぜ」

勝又健志(かつまた・たけし)さんは岩手県立金ケ崎(かねがさき)高等学校2年生。今、暮らしているのは岩手県奥州市の水沢。生まれたのは中華人民共和国遼寧省の遼陽だ。司馬遼太郎『坂の上の雲』読者には、遼陽会戦に敗れたロシア満州軍総司令官クロパトキンが、豪華なベッドを置いたまま撤退した地として記憶されている(であろう)街だ。

「ぼくの母さんが中国人で、ぼくは小学校6年生まで中国にいました。お母さんが先に仕事しに日本に来て。で、こっちで今の父さんと結婚して、ぼくを連れに来ました。最初は、やっぱ行かないという気持ちが多かったんですけど、でも中国って人多くて、進学するためにすごい勉強しなきゃいけないんですよ。勉強する環境があまりよくないと親が思って。ぼくはそのころ、日本には興味なかったんですけど、お母さんが『ここはいいところだよ』と言って。来てみて、ほんとうにいいところだなと」

勝又さんの親御さんは何屋さんですか。

「父さんはトヨタの系列会社で働いてます。静岡の人なんですけど、こっちに転勤してきて。母さんは、ミシンの仕事やってたんですけど、物足りなくて、仕事辞めて自営業始めたんですよ。ぼくの学校の近くに店を建てて、中国風の饅頭売ってるんです。けっこういいかんじです」

勝又さんの日本語にはまったく違和感がない。それどころか、岩手の訛りもほのかに混じっているほどだ。

「いやあ、まだ子どものときって、けっこう、ことばって覚えやすいんじゃないですかね(笑)。漢字ですか? こっちに来たら画数多くて難しくなりました。でも見れば、たいてい理解できちゃいます。ぼくは日本語もしゃべれて中国語もできる。これで英語もできたら将来いいなとか思ってます。アメリカ行ったときも、けっこう中国人多くて、中国語がけっこう通じるって実感しました」

この日、勝又さんは印刷された名刺を渡してくれた。そこには「学生ボランティア団体 Expand」と書いてある。

「今、学校で、学生ボランティアをつくってみんなでやっているんです。エクスパンドっていう名前にして、その中の一員で。釜石のキャンドルナイトの時も、エクスパンドの何人か連れて行きました」

釜石編に登場した「釜石戦隊キャンドルナイツ」の北上グリーンと三陸ブルーの正体は、勝又さんと同じボランティアチームの仲間だった。身長185センチメートルの勝又さんは身長制限オーバーのため、変身しそこねたという。

岩手内陸部に暮らす勝又さんは、それまで沿岸部の被災地に行ったことはなかった。「TOMODACHI〜」300人のなかには、沿岸部から来た高校生たちが多数いた。

「向こうで、話、すごいしました。そこでまず考え方が変わったんです。やっぱり自分で1回行ってみないと駄目だと思ったんですよ。日本に帰ってから、秋にお父さんと一緒に大槌に行きました。ほんとうに、何もなかった。若干、水が来た跡が残ってるんです。お父さんと『あそこまで来たんだ』『ああ、そうか』って話して」

大槌から戻り、2012年10月に、勝又さんは金ケ崎高校の仲間たちのボランティアグループに参加する。

「エクスパンドをつくった彼は、東京で行われたビヨンドトゥモローに行って、帰って来たら変わって」

「ビヨンド〜」は、連載第44回目の多賀城編《http://president.jp/articles/-/8255》ほか複数回、この連載で触れた被災地教育支援事業。釜石のキャンドルナイトについては連載第79回目《http://president.jp/articles/-/8608》で触れているので、ここでは説明を省略する。

「下に70人ぐらい協力してくれるメンバーがいるんです。最初ぼくは70名の方に入ってて、ぼくも『TOMODACHI〜』行ってアメリカでいろいろ経験したから一緒にやろうぜとなって、キャンドルナイトをきっかけに、ぼくも6人いるエクスパンドの正式メンバーになって」

沿岸部支援だけが、エクスパンドのやっていることではない。

「ほんとちっちゃいボランティアなんですよ。金ケ崎ってけっこう雪降るんです。店とかやってるひとは雪掻きがけっこうたいへん。なので学校周辺の雪掻きとかやってます。あと、いまだに沿岸に行ってない人はいるから、今、考えていることは、みんなで沿岸に行って、1泊して、ボランティアして帰って来るという沿岸ツアー。こういうことやるのに、エクスパンドで彼と協力できたことは、ほんと、大きくて」

その彼は「TOMODACHI〜」には参加していないのですか?

「応募してたんだけど、彼は落ちたんです。ぼくはビヨンドのほうに落ちちゃったんですけど」

つまり2人はお互い半分ずつ落ちているわけだが、それぞれが「TOMODACHI〜」やビヨンドで、プロジェクトの立て方や事業計画書のつくりかた——高校の授業にはない「組織運営の方法」を学んでいる。

「ぼくたちエクスパンドの6人は、だれかがリーダーとかじゃなくて、たとえばビヨンド行った彼が言ったことを、だれかがそのまま『あ、そうだね。それやりましょう』ってかんじじゃなくて、『こうしたら、また面白いことが起こるんじゃないか』って6人で考えるんです」

これはこちらの仮説なんですが、「TOMODACHI〜」に行き、大槌にも行った。ボランティアも始めた。「TOMODACHI〜」に参加した去年の夏以降から、勝又さんの中で社会参加のスイッチが入ったのではないか。この仮説、合っていますか。

「はい、合ってます」

社会参加にはいろんな方法がありますが、仕事はそのひとつです。勝又さんは、将来何屋になりたいですか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)