女子大生がやりがちなNG行動・6選




「子供じゃないけど、大人でもないの。だからぜんぶ許してね」という態度でも、なんとなく許されてしまうのが女子大生。その専売特許を利用して、イイ思いもできちゃう年ごろです。でも、あまりにも調子に乗っていると、気づかぬうちにものすごく「女を下げている」ことも。

今回は、全米でベストセラーになった恋愛法則本「THE RULES」を参考に、女子大生がやりがちなNG行動をお教えします。女子大生のみなさん、そろそろすてきな女性になる準備を始めませんか?









■1.学生食堂でたむろする



「誰それさんがいつ入ってくるかとドキドキしながら学生食堂で過ごすなんて、空しくありませんか?」と著者。



確かに学食でダラダラたむろしている女の子って、やたらうるさい上に品がないですよね。たまに仲間と集まってワイワイするのはいいですが、毎日だらしなくたむろするのは時間の無駄。その時間を使って図書館や美術館に行くような女子になりましょう。



■2.彼が好きなミュージシャンのライブTシャツを着る



「好きな人が好きなものを、私も同じように好きになりたい!」という思いが暴走した末の痛〜い行動。



数年後に思い出して、あまりの恥ずかしさに頭を抱えることになりそうです。相手のカラーに染まってしまうのは、あなたが子供っぽい証拠。素直に自分が好きなものを好きでいましょう。



皮肉なことに「ポジティブで愛情豊かな人ほど危険信号を無視してしまいがち」なのだそう。恋愛初期は相手のいい部分ばかりに目がいきがちですが、気になる特徴や言動を見逃さないというのも大切ですね。



■3.好きな人のレポートを手伝ってあげちゃう



「手伝ってあげればお礼にデートに誘ってもらえるかも」という下心から、「いいよ。やってあげる」と言ってしまっていませんか。



「彼にデートする気があるのなら、自然に任せていてもいずれ誘ってくれるでしょう」と著者。自分を安売りしてはいけないのです。



もちろんノートを貸すのもNG。そもそも、女の子にノートを借りるような男は、その程度の男でしかないということに気づきましょう。



■4.食生活は二の次



サークルにバイトに恋愛に、と大忙しで、つい食生活がおろそかになってしまうのも「大学生あるある」ですが、自己管理不足でぶくぶく太るのは、すてきな女性としてありえないことです。



夜中に高カロリーなものを食べたくなったら、鏡の前でパンツスーツを履きましょう。一気に目が覚めます。



■5.金曜・土曜にバイトをする



週末も、「よし、稼ぎ時!」と思ってしまうのが大学生の悲しい性。でも著者は「金曜と土曜は社交に使う日です」と断言しています。



せっかくのお誘いを、バイトのせいで断るのはもったいない!女としての美しさは、むやみにお金を稼ぐことにではなく、積極的に外に出ていくことによって磨かれていくのだと覚えておきましょう。



■6.勉強しない



今の時代、「結婚して永久就職」なんて幻想でしかありません。中身のない女が男にチヤホヤされるのは、20代のうちだけ。



収穫のない合コンに時間を使うなら、一冊でも多くの本を読むこと。どの男よりも勉強しましょう。



■おわりに



ちょっとギクッとしませんでしたか?「今が楽しければいい」はそろそろ卒業。美しくて賢い女性になる準備をしていきましょう。



参考文献:エレン・ファイン、シェリー・シュナイダー『THE RULES 理想の男性と結婚するための35の法則』KKベストセラーズ



(小嶋もも/ハウコレ)