なぜ人気? 日本すっぴん協会とは




容姿端麗の美女を集めたサイトやWEBサービスが乱立している昨今。当初は目新しく感じられたものの、現在ではもう「また○○美女か……」と、その芸のなさにあきれてしまうこともしばしばあります。



そんな中で一線を画するのが『日本すっぴん協会』。そのコンセプチュアルな活動で、美女好きな男性だけでなく美意識の高い女性を多く引き寄せています。そんな『日本すっぴん協会』のプロデューサーである扇さんに、そのコンセプトや人気の秘密について取材をしました。



――まずはじめに年齢化粧品ドモホルンリンクルでおなじみの株式会社再春館製薬所の子会社・あゆみ株式会社が『日本すっぴん協会』を設立するに至った経緯とコンセプト確立までの流れを教えてください。



扇:若いうちからお肌の悩みを感じている女性やキレイになりたい女性たちに対して、商品から一度離れてお手伝いできることはできないかと考えていました。



そんな中で、若い人がよく触れるであろうネット上では美容関連ワードで検索してもアフィリエイトサイトかQ&Aサイトしか上位に出てこないのが現状。女の子たちが良質な情報にたどりつきづらいことを危惧し、検索でも上位に来るようなメディア立案として出てきたのが日本すっぴん協会でした。



――なるほど。ちなみに私が『日本すっぴん協会』を知ったのは本仮屋リイナさんのすっぴん美人図鑑だったのですが、すっぴん美人図鑑も人気コンテンツですよね(すっぴん美人図鑑:すっぴん美人の女性たちのすっぴん写真と共に、スキンケア方法や使っているアイテム、日常生活のコツを紹介することで、参考情報を提供するコンテンツ)。





扇:そうですね。10代〜20代の女性たちは、かわいい女の子が好きという人が多かったり、また女性誌を熱心に読んでいたり、読者モデルやタレントのブログを購読していたり、Twitterアカウントをフォローしたりしていることがよくあると思います。



そんな風に「すてきな女性にあこがれ、参考にする」という気持ちが強いことが日本すっぴん協会の主力コンテンツである「すっぴん美人図鑑」の根幹にあります。男性と大きく違う特徴のような気がします。





つまり、あこがれられるようなすっぴん美人の女性たちを出していくことで刺激を受けると思いますし、またその人たちのスキンケアや生活情報を公開していくことで、参考にしてもらおうと考えたわけです。女性が自分に自信を持てるように、美肌づくりについて伝えていくというものであり、女性に寄り添って、あくまで女性のために作っています。





――たぶんそれこそが違いであり、ポイントなんだと思います。他の美女系サイトは男性がターゲットですが、『日本すっぴん協会』は女性がターゲット。あくまで女性に「良質なスキンケアの方法を知ってもらう」という明確なコンセプトがあるからこその人気なのではないでしょうか。





扇:全部が全部そうではないかもしれませんが、それはあるかもしれません。あと、写真だけでなく情報コンテンツに重きを置いているところが大きな違いでしょうか。





――ただ、やっぱりかわいい女の子がいっぱい載っているサイトなので、必然的に男性のファンも少なからずいますが。





扇:そうですね、男性による拡散は多いです。ただ男性が「かわいい!」と拡散することによって少しでも多くの女性に届けばと思っています。また、話題にされることによって検索でより上位に表示されやすくなり、知っていただく機会が増えるのではないかと。





――なるほど。それでは最後に、今後の展望や目指すべき方向性についてお聞かせください。



扇:目指すべき方向性というと少し難しいですが、女性誌のように固定ファンの多いメディアにしていこうと考えています。きちんと「会員」というものを作り、会員限定イベントなども行い、サイトだけではない展開をしていきたいと構想しています。





(くわ山ともゆき+プレスラボ)





日本すっぴん協会

http://suppin.info/