ボカロ曲「音楽劇 千本桜」顔合わせにAKB48石田「いいものを創り上げたい」

写真拡大

3月13日(水)〜24日(日)に東京・銀座博品館劇場で開催されるニコニコミュージカル第10弾「千本桜」の出演者・スタッフ一同の顔合わせと初日稽古が11日、都内で行われた。

「ニコニコミュージカル」は、ドワンゴが主催・企画制作を行うミュージカルで、「ミュージカル・テニスの王子様」などを手がけてきたプロデューサー・片岡義朗が総合プロデュースを務め、劇場はもちろん、ニコニコ生放送でもネット公演を楽しむこともできる。



第10弾となる『音樂劇 千本桜』は、2011年にニコニコ動画に投稿された黒うさPによるボーカロイド曲「千本桜」の世界観をそのままに、舞台化した作品。

主人公となる慍山づ楊鬚鵬弾O村、初音未来(初音ミク)役にAKB48の石田晴香、鏡音鈴(鏡音リン)役にAKB48市川美織、鏡音錬(鏡音レン)役に舞台俳優の鳥越裕貴、巡音流歌(巡音ルカ)役にグラビア富田麻帆と主演キャストの発表も大きな話題となった。

1月10日に行われた製作発表会で一部のキャストは顔を合わせていたが、出演者・スタッフ一同ほぼ全員が揃ったのはこの日が初。

顔合わせは「慍山づ諭很鬚硫弾から順に紹介されていき、加藤は「今回はボカロ楽曲の舞台化ということで、僕もわからないことが多いので、皆で助け合って、お互い高め合っていく舞台が創られればいいなと思っています」とあいさつ。

続く「初音未来」役のAKB48石田は、「舞台に出演して、演技をするというのは実は今回が初めてです。

緊張していますが、皆さんにたくさん意見等をいただいて、いいものを創り上げていけたらと思っています」と初舞台への緊張と意気込みを話していた。

そして、制作スタッフからは演出の茅野イサムが「最後まで皆で頑張って、いいものを作り上げましょう! よろしくお願いします!』とスタッフ、出演者を鼓舞するとともに、プロデューサーの片岡が改めて『音樂劇 千本桜』の企画背景を説明。

「原作者の一人 、一斗まるさんは、3月11日の東日本大震災を境に少しでも日本を元気づけられる作品にしたいと思い、日本への愛国心をめいっぱい詰め込んだイラストを描いたと聞いています」と「千本桜」のルーツを明かしながら「今回の舞台化にあたっても、国が荒れ果てたとしても、日本には華やかな、桜が咲く華やかな街並があるんだということが伝わるように描きたいと思いました。

この作品の登場人物たちにはこの国をどうにかしたいという気持ちが皆にあります」と舞台化にかける想いを明かした。

顔合わせの後には台本の読み合わせも行われ、息の合った台詞のかけあいを見せていたという。

今回の舞台では、ボカロ楽曲「千本桜」以外にも舞台用に作曲されたオリジナル楽曲の披露、本編では殺陣も予定されている。

ミュージカル「千本桜」は2013年3月13日(水)〜3月24日(日)、銀座博品館劇場にて上演される。

会場まで足を運ぶリアルチケットは全席指定6,800円 (税込)、ニコニコ生放送で鑑賞するネットチケットは前売り:1800pt/当日:2000pt(1pt=1円)となる。

ニコニコ動画プレミアム会員は1月10日から15日までリアルチケット抽選先行予約受付中。