意外と知らない注文住宅建築から入居までの流れ

写真拡大

注文住宅の購入の際は、やることがたくさんで本当に大変!住宅購入の手続きや申請、土地や会社探しなど、やることが山積みです。

注文住宅の場合、流れはそれぞれ状況によって異なりますが、これから注文住宅の建築を考えている方は、大まかな流れをぜひ確認しておいてください。

■プラン作成と土地探しを手伝ってくれる専門家を探すどんな家を建てたいかプランを作成し、土地を探します。

土地を探す前にやっておきたいのは、どんな家を建てたいかイメージするのを手伝ってくれ、それに合わせた土地も一緒に探してくれる専門家を探すことです。

最近では工務店や建築家、建築士に土地探しも合わせてお願いする方が増えているようです。

■資金計画と住宅ローン事前審査土地取得費用、解体がある場合は解体費用、必要な場合地盤改良費用、本体工事費、付帯工事費、エクステリアやインテリア費用、設計費に測量費、諸費用などなど、注文住宅にかかる費用はたくさんあります。

上記費用について見積書を作成してもらい、必ず適正な価格かどうかチェックしましょう。

相見積もりをお願いするか、書籍などでしっかり勉強しておくか、建築プロデューサーなどの専門家にチェックしてもらう方法があります。

焦らずに納得のいくまでチェックすることが大事です。

その後、住宅ローンへ申し込み、事前審査を受けます。

■依頼先決定と契約相見積もりで、どこの建設会社に依頼するのか決まったら工事請負契約を行います。

また工事請負契約書では後でもめるケースもありますので、当日すぐサインしてしまわず、必ず日数をもらって不備や不安な点がないかを確認しましょう。

また専門家にチェックしてもらうのもよいでしょう。

■設計図の確認と建築確認申請、土地購入、住宅ローン本審査申し込み基本計画に沿った設計かどうかを設計図書で確認します。

仕様書、工事概要書、仕上げ表、配置図、平面図、立面図、断面図、平面詳細図、矩計図(かなばかりず)、構造図、展開図、設備図、その他たくさんの図面があるため大変ですが、目を通して問題がないか確認しましょう。

予算オーバーを事前に回避できるうちに、専門家に見てもらう方法もあります。

建築確認申請がおりたら、特約つきで住宅ローン本審査手続きをします。

また、土地が法律に違反していないか、地盤は良好か最終チェックし土地購入を行いますが、建築確認申請までに1〜2カ月かかるため、決済を待ってもらえるか、つなぎ融資は必要かなどをチェックします。

■着工、上棟、完成建物解体や整地が終わったら、地鎮祭を行います。

その後、着工前に工事金額の約3分の1の金額を支払います。

決済に住宅ローンの用意が間に合わない可能性があるときは、つなぎ融資を用意しておきましょう。

基礎工事後、骨組みができあがったら上棟式を行います。

屋根工事、外壁下地工事、外部建具取り付け工事が終わったら、配線・配管工事をし、内外装工事、内部建具工事を行った上で工事管理者がチェックを行います。

役所による検査が行われ、合格したらあらためて責任者、設計者立ち会いのもと仕上がりを確認します。

■住居引き渡し、登記申請の後、晴れて入居!住居引き渡しが終わったら、晴れて入居です!あとは司法書士に依頼し登記手続きを行います。