<フェザー級/5分3R>
カブ・スワンソン(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
ダスティン・ポイエー(米国)

まずはサウスポーのポイエーが左ローを放っていく。スワンソンもローを返し、ボディストレートを伸ばす。ポイエーの左ローにスワンソンはパンチを合せる。声を上げながらパンチを振るうスワンソンは、ポイエーに反対側のケージまで押し込まれるも、頭を押して距離を取る。上下を打ち分ける両者。スワンソンの方が、遠い距離から一気に踏み込んでパンチを打ち込む。

差し上げテイクダウンでスワンソンをドライブしたポイエーが、ヒザをボディに蹴り上げる。ボディフックから顔面、飛びヒザからストレート、さらにヒザ蹴りからハイキックと攻勢に出たスワンソンだったが、残り1分でポイエーがテイクダウンを奪い、試合はグラウンドの展開へ。

ボディに連続でパンチを落したポイエー、スワンソンも立ち上がってパンチを打ち込み初回が終了した。2Rに入ってもボディから右ストレートと攻勢のスワンソンだが、ポイエーの左ミドルを受けて一瞬動きが止る。スワンソンのジャブ3連発にしっかりと距離を取ったスワンソン。ミドルの応酬が見られると、ポイエーのテイクダウン狙いをスワンソンが切る。

右ストレート、視界の外から急に飛び出してくるようなハイを見せたスワンソン。スワンソンもパンチの連打から、組みついていくがスワンソンはキムラでディフェンスする。両者、手数が多く判断が難しいラウンドになったか。

最終回、低い姿勢からパンチを出すスワンソンに組みついたポイエーだが、テイクダウンは奪えない。直後に連打を見せると、スワンソンも大きなパンチを振るい距離を取る。追いかけたポイエーはヒザをボディに入れるが、スワンソンがここでテイクダウンを奪う。ポイエーのハイガードをかわして、バックに回り込んだスワンソンがバックマウントを奪取する。

立ち上がったポイエー、スワンソンは前方に振り落とされないよう粘り、ポイエーの横回転にマウントを奪取する。観客にアピールし、殴ってスタンドに戻ると、スワンソンは首投げで綺麗にポイエーを投げ切る。そのままバックに回ったスワンソン、終了間際に前方に落されるが、3Rは尻上がりに調子を上げポイエーを完封、判定も3-0の一方的な勝利となった。