馬肉混入がEU批判の格好の材料に

ざっくり言うと

  • 馬肉を食べることをタブー視する空気が強い英国の世論は収まる気配がない
  • 偽装表示問題が英国のEU懐疑派にとって格好の批判材料となっている
  • 英国とEUの新たな政治問題に発展する懸念も出てきた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング