東京都から鉄道で北海道へ! JR東日本とJR北海道、お得なきっぷ2種類を発売

写真拡大

JR東日本とJR北海道は15日、首都圏から北海道への旅行に便利な「北海道全線フリーきっぷ」「みなみ北海道フリーきっぷ」を発表した。

2種類とも発売期間は今年3月1日より2014年3月31日までとなる。

「北海道全線フリーきっぷ」はJR北海道全線と、JR東日本の津軽線蟹田〜中小国間がフリーエリアに。

「みなみ北海道フリーきっぷ」は函館エリアから札幌エリアにかけてのJR線(津軽海峡線、江差線、函館本線、室蘭本線、千歳線など)がフリーエリアとなる。

ともにフリーエリア内では特急・急行列車の普通車自由席に自由に乗降りできる。

首都圏からフリーエリアまでの往復には快速・普通列車の普通車自由席を利用でき、特急券などを別途購入すれば新幹線や在来線特急にも乗車できる。

フリーエリアまでの経路はおもに東北新幹線および東北本線となるが、盛岡〜青森間のIGRいわて銀河鉄道線・青い森鉄道線は利用不可(運賃・料金が別途必要)。

なお、寝台特急「あけぼの」を利用する場合に限り、高崎線・上越線・羽越本線・奥羽本線経由での利用が認められる。

「北海道全線フリーきっぷ」の有効期間は5日間で、利用期間は今年4月1日より2014年4月5日まで。

東京都区内発の価格はおとな2万9,800円、こども1万4,900円。

「みなみ北海道フリーきっぷ」の有効期間は3日間で、利用期間は今年4月1日より2014年4月3日まで。

東京都区内発の価格はおとな2万3,000円、こども1万1,500円。

2種類とも利用開始日の1カ月前の日から前日まで、首都圏のJR東日本のおもな駅の指定席券売機やみどりの窓口、びゅうプラザなどで発売される。