インテリジェンス社長 高橋広敏氏

写真拡大

中途採用求人数が激減している。景気低迷の中、新天地で成功を勝ち取る人に共通する条件は何か。4人の識者が、20冊の本をもとに解明する。

「転職市場も激変しています。どの業種も軒並み求人数が3〜4割減。厳しいですね」

人材紹介大手・インテリジェンス社長 高橋広敏さんは語る。

この状況を踏まえて、彼が真っ先に挙げたのが松下幸之助著『道をひらく』。今から20年ほど前、上京する際に父親から手渡された一冊だ。初めて読んだのは中学生のときだったが、地元大分でナショナルショップを営んでいた父は、自分が大学に入る門出にあらためて同書を贈ってくれた、という。

「僕のバイブル。今も枕元に置いて、ときどき読み直しています。この本は読むたびに違った影響を受けますね」

景気が低迷しているときこそ、本書における松下幸之助の言葉は重みを増しているのではないか、と彼は続けた。

「景気がいいときは、古臭い本だと若い人に思われていたかもしれません。しかし『100年に一度の危機』と言われる今、企業はより厳選して人材を採用するようになる。そんなとき、当たり前のことを当たり前に続けてきた松下さんの姿勢を理解できる人は強い」

「当たり前のことを当たり前に続けること」の大切さ。例えばそれは実務のうえでも変わらないと、高橋社長は『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣』を推す。彼いわく、インテリジェンスの全社員に配られたこともある「純粋な実用書」だ。

「例えばOutlookの整理の仕方ひとつとっても、使い方次第では仕事が驚くほどスムーズになる。転職の際はこうしたスキルが実は大事だったりします。転職後に以前いた会社のやり方しか知らないと、ルーティンの仕事に馴れるまでの間に、上司から『仕事が遅い人』と不当に思われることもあるからです」

基本的な作業を手早くこなす技術は、逆に言えば転職先での「第一印象」を効果的に高めることにも繋がる。「ルーティンの仕事を早く終わらせられるからこそ、付加価値を生むための時間もつくることができる」と評価されるからだ。

そこで本書と併せて高橋社長が勧めるのが、リンク アンド モチベーション・小笹芳央社長による『モチベーション・マネジメント』。マネジメントの理論を詰め込んだ中間管理職向けの内容だが、どんな立場の人であっても、異なる組織で働き始める際に参考となるのではないか、というのがその理由である。

「新しい組織では自分が慣習的にやってきた経験を棚卸し、相手の手法や価値観に合わせ直すことが求められます。新しい上司の意向を素早く察知するためには、彼らが何を考えて指示を出しているかを知る必要がある。前者が手法の話だとすると、後者は心の変え方について、ということになるでしょう」


 

『道をひらく』(松下幸之助・著/PHP研究所)

「うまくいかないとき、迷いが増えたときに読むと、たくさんのヒントをもらえる本です」

『ビジョナリー・ピープル』
(ジェリー・ポラス、スチュワート・エメリー、マーク・トンプソン・著/英治出版)

「転職のお手伝いをするときに困るのはやりたいことがない方。成功者に学ぶことも必要です」

『モチベーション・マネジメント』(小笹芳央・著/PHP研究所)

「新しい上司の要求を理解できないと、関係性は悪化します。上司との理想の関係を見いだす本」

『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣』(ケリー・グリーソン・著/PHP文庫)

「ずばり、時間短縮本です。実際その通りにやると、大概の人は仕事が早くなると思います」

『僕はこうやって11回転職に成功した』(山崎 元・著/文藝春秋)

「ただのジョブホッパーはダメ。転職をしても、それぞれの場所で情熱を費やすことが必要です」

※すべて雑誌掲載当時

----------

インテリジェンス社長 高橋広敏 
1969年、大分県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、95年インテリジェンス入社。2008年12月に同社社長に就任。「今回選んだ5冊に共通するのは、『ちゃんと働け』って書いてあること。『うまくやれ』とは書いてないんです」。

----------

(ノンフィクションライター 稲泉 連=文 撮影=増田安寿(人物)、小林久井(本))