リリカラ(株)の平成24年12月期の業績は、売上高337億5900万円(前年同期比1.3%増)、営業利益△2億4900万円(−)、経常利益△3億5300万円(−)、純利益については、インテリア事業の一部使用資産の見直しや遊休電話加入権の減損損失など特別損失として7億3700万円を計上したことにより、△11億5500万円(−)となった。
セグメント別の業績は、インテリア事業が売上高282億2000万円(同1.8%増)、セグメント損失2億6800万円(−)、オフィス事業が売上高55億3800万円(同1.3%減)、セグメント利益1900万円(同73.7%減)であった。
なお次期については、売上高363億円、営業利益3億5000万円、経常利益2億2000万円、純利益1億5000万円を見込んでいる。