窓から入る冷気を遮断する便利な方法

写真拡大

寒い季節になると、窓からの冷気が気になりませんか。

それもそのはず、窓からは部屋全体の5割の熱が流出しているといわれているのです。

窓からの冷気を防ぐ事で部屋の暖まり方も早くなり、暖房費の節約にもなります。

寒さがきびしい季節には、冷気を遮断して効率的に温まりましょう。

■窓の冷気を遮断する方法最近ではさまざまな断熱用品が販売されています。

簡単に手に入るもので、しっかり断熱しましょう。

・窓全体に断熱シートを貼るホームセンターなどで売られている断熱シートを使います。

断熱シートとはシートの中に空気が入っているシートのこと。

接着剤で付けるわけではなく水で接着できるタイプが多いので、窓も汚さずに何度でも使えるものが多く販売されています。

使い方もとても簡単。

窓の大きさに合わせて断熱シートをカットします。

窓が大きい場合には、何人かで作業した方がきれいに切ったり貼ったりできます。

一人で作業する場合には、仮止めできるテープなど用意しておくと便利です。

シートを切り終えたら窓全体を覆うように貼るのですが、すき間ができないように貼る事がポイントです。

また、実際にシートを貼ると窓の下に結露が増えてきてしまいますので、小まめに掃除はした方が良いでしょう。

・断熱スプレーを窓にふきかける断熱スプレーは断熱シートに比べると冷気を遮断する効果は弱いですが、何もしないよりは、部屋の暖まり方が格段に良くなります。

ただし、すき間からの冷気が防ぎきれないという欠点もありますので、注意して選びましょう。

また、断熱スプレーは断熱シートよりも安く購入ができる事が多いそうですので、参考にしてみてください。

■それでも冷気が気になる時は、これが便利・冷気遮断パネルをプラスする断熱シートでもまだ冷気が気になる場合には、冷気遮断パネルがオススメです。

こちらもホームセンターで手軽に購入ができます。

冷気遮断パネルは板状になっていて、窓の形に合わせて切り、窓に立てかけるだけで使えて便利です。

・マスキングテープで、すき間をブロックする断熱シートのすき間からの冷気が気になる場合には、窓と断熱シートのすき間をマスキングテープでふさいでしまいましょう。

マスキングテープはしっかりつきますが、はがす時も楽にはがれ、あとも残らずに窓を汚しません。

また、ダンボールでも冷気の遮断はできますが、水分を吸ってしまうとあと片付けが大変になるので、あまりオススメできません。

しっかり断熱して、暖かくすごしましょう。