5段階の温度切替と3つの風量切替で、髪の熱ダメージを軽減(写真は、「uLos HDH‐900X」)

東芝ホームアプライアンスは、5段階の温度切替と3つの風力切替で、選んで乾かせるヘアードライヤー「uLos(ウルオス)HDH‐900X」を、2013年2月16日に発売する。

髪表面のキューティクルのダメージを低減

「温度切替5段階」と「3つの風量切替」で温度と風量を選んで、髪への熱ダメージを軽減して短時間でしっかり乾かすことができる。

新たに搭載した選べる温風温度は、50度、60度、100度、110度、120度の5段階。風量は、大きな風量の「TURBOモード」、「DRYモード」、「SETモード」の3つ。さらに、「ピコイオン」の働きで、ブラッシングの際の髪の帯電量を約40%抑え、髪表面のキューティクルのダメージを低減して、髪にうるおいを与える。

色は、ペールピンクゴールドとパールホワイト、ペールブルー、ペールグリーン。

また同時に、2段階の温度切替と3つの風量切替で、「ピコイオン」を搭載した「uLos HDH‐700X」を発売する。色は、パールホワイトとピンクゴールド。

いずれも、オープン価格。