ゼクシィ2013CMガール オーディションでグランプリに選ばれたさくら学院の元メンバー・松井愛莉 (C)ORICON DD inc.

写真拡大

 過去に女優の加藤ローサ、倉科カナらを輩出している結婚情報誌『ゼクシィ』の2013年CMガールを決めるグランプリ発表会が15日、都内で開催され、アイドルグループ・さくら学院の元メンバーでモデルの松井愛莉(16)が6代目CMガールに決定した。松井は「信じられないけど、うれしい」と喜びを噛み締めた。

【全身ショット】ミニ丈ワンピから細い脚 抜群のスタイルを持つ松井愛莉

 『ゼクシィ』CMガールではこれまで、加賀美セイラ(初代・2001年)、加藤ローサ(2代目・2004年)、JOSI(3代目・2005年)、倉科カナ(4代目・2006年)、高橋真唯(5代目・2007年)を選出。出演タレントがその後ブレイクを果たしていることから“美少女タレントの登竜門”的存在として注目を集めていた。

 応募総数約400人の中からオーディションを勝ち上がり、見事グランプリに輝いた松井は、ガチガチに緊張しながらも「加賀美セイラさんや加藤ローさんみたいに素敵な人になれるよう頑張りたい」とはにかんだ。

 身長170センチ、股下85センチという抜群のプロポーションを活かし、現在モデルとして活動中で「ランウェイを歩くことが一つの夢」という松井。理想の結婚を聞かれ「25歳でしたい。若いママがいいので」と笑みを浮かべ、理想の男性にはEXILEのTAKAHIROを挙げた。

 審査員はクリエイティブディレクター・箭内道彦氏、ゼクシィ編集長の伊藤綾編集長ら8名が担当。箭内氏は「これから製作するCMが(成功するか失敗するか)わからない。でも、どっちになっても、彼女はみずみずしいと思った」と将来性に期待を寄せた。松井はゼクシィ6代目CMガールとして約1年間CM出演し、同誌をアピールしていく。

松井愛莉:1996年12月26日生まれ、福島県出身。2009年にファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)主催のモデルオーディションでグランプリを獲得し、同誌の専属モデルとしてデビュー。2010年4月からさくら学院のメンバーとして活躍していた。中学を卒業するタイミングの2012年3月にさくら学院も卒業、以降はモデルとして活躍中。