日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」を改良して環境・走行性能を向上

写真拡大

日産自動車はこのほど、7人乗りのミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」をマーナーチェンジして3月1日に発売すると発表した。

価格は199万1,850円から251万3,700円。

今回のマイナーチェンジでは、2WD車(Jパッケージを除く)に新世代高効率直噴ガソリンエンジンと新世代高効率6速オートマチックトランスミッションを採用するとともに、アイドリングストップ機能の改良も行われ、環境性能と走行性能を向上。

一部グレードでは、2リッター7人乗りミニバンとしてトップクラスという16.2km/Lの低燃費を実現し、自動車取得税と自動車重量税の75%減税に適合している。

また、運転席シートバックポケットの追加と、リヤのラゲッジアンダートレイの収納容量拡大などによって利便性も向上。

ボディカラーは新色の「メテオグレー(P)」と「ジールレッド(P)」を含む計5色を設定した。

特別仕様車であった「ハイウェイスターG スプレモ」を最上級グレードとしてラインアップに追加し、新たに専用装備として、ダイレクトモード機構付きのステアリングシフトスイッチ、ASCD(オートスピードコントロール装置)、自動防眩式ルームミラー、6スピーカーを標準採用している。

なお、2リッター直噴エンジン+マニュアルモード付電子制御5速オートマチックを採用した2WD車「ハイウェイスター Jパッケージ」は、4月5日の発売予定。