花粉症対策に! 免疫力アップのツボ - その悩みをツボで解決!

写真拡大

整体師の大山奏です。

2013年の花粉の量は前年の倍近くになると言われていますね。

鼻水・鼻づまり・目のかゆみなど、不快な症状の多い花粉症ですが、アレルギー反応のひとつなので、免疫力が下がると症状が酷くなります。

今回は、花粉症やインフルエンザなどの根本的な原因、免疫力をアップさせるツボをご紹介します。

親指と人さし指の間、やや人さし指側にある「合谷(ごうこく)」というツボです。

ツボに親指をあて、親指と他の指で挟むようにして強めに刺激します。

「合谷」はツボの中でも万能ツボと呼ばれ、いろいろな症状に効果があります。

特に顔や・口周りへの効果が高いので、鼻づまりや頭痛・喉の痛みがある時に刺激すると、症状が治まりやすくなります。

以前ご紹介した「風池(ふうち)」というツボは、ウイルスを防ぐ効果があるので、合わせて押してみてはいかがでしょうか。

花粉症はアレルギーなので、疲れをためない・バランスの良い食事をとるなど、身体の免疫を高めることで症状が弱まります。

ツボと平行して、生活習慣の見直しも検討してみてはいかがでしょうか。