明日接近!小惑星『2012DA14』ってどんなもの?



2月16日に『2012 DA14』という名前の小惑星が地球に接近するそうです。では、この小惑星はどれくらいの大きさのもので、地球にどれくらい接近するのでしょうか? また、地球に衝突する可能性はあるのでしょうか? 調べてみました。



■2012 DA14は発見されたばかりの小惑星



2月16日に地球に最接近する小惑星「2012 DA14」は、2012年の2月23日に発見された小惑星です。スペインのラサグラ天文台で発見されました。大きさは現時点での推定で直径45mほど。大体、サッカーコートの半分くらいの大きさです。



地球の赤道上空2万7,700kmの地点まで接近すると予測されています。2万7,700kmというのは、地球の周囲を周回している静止衛星よりも内側。地球に非常に近い地点を通過することになります。ちなみに、日本が打ち上げた気象観測用の静止衛星「ひまわり」は高度3万6,000kmの位置なので、それよりも約1万kmも内側を通過するのです。



このため、8,000基以上あるとされる人工衛星に衝突する可能性があります。また衝突しなくても何らかの影響が出ると予測されています。



■地球に衝突する可能性は……?



さて、地球に非常に近い位置を通過するとされている「2012 DA14」ですが、本当に地球には衝突しないのでしょうか?



NASAなどの研究によると、「2012 DA14」は2万0,700kmの地点よりは地球に近づかないと予測されています。しかし、重力などで軌道が変化する可能性もあることから、「確実に衝突しないとは言い切れない」というなんとも危なっかしい意見もあります。



また、この「2012 DA14」は、今回だけでなく、2020年と2082年にも地球に最接近すると予測されています。NASAの研究によると、今回の接近で軌道が変化するので、今後地球に衝突するかどうかの予測はまだ立てられないとのこと。地球に衝突する確率は、0.031%(累積数値)といわれています。ものすごく低い確率ですが、少しでも可能性があるのはなんだか怖いですね。



■もし地球に衝突したら?



現時点では、地球に衝突する可能性は限りなく低いですが、もし衝突したらどうなるのでしょうか?



「2012 DA14」の質量はおよそ13万tとされています。この大きさ・質量の小惑星が地表に衝突した場合は、約2.4メガトンのエネルギーが発生します。広島に投下された原子爆弾のエネルギー量は15キロトンなので、160個分に相当するエネルギーになります。



陸地部分に衝突した場合は、大きな被害になりますが、もし衝突するとしても、落下するのは南極側の海で、衝撃による津波もそれほど大きなものにはならないと予測されています。





衝突する可能性はほぼないといわれていますが、やはり多少は不安になりますよね。しかし、小惑星がこれほど近い距離を通過するのは非常にまれなこと。肉眼では無理ですが、望遠鏡では観測することができるそうです。もし機会があれば、小惑星観測をしてみてはいかがですか?



(貫井康徳@dcp)