JAL×モスバーガー、今度の機内食はどんな内容……??

写真拡大

日本航空(JAL)とモスフードサービスは3月1日、両社のコラボレーション企画として「AIRモスバーガー テリヤキたまご」の提供を開始する。

対象路線は成田発ニューヨーク / ボストン / シカゴ / ロサンゼルス / サンディエゴ / ロンドン / パリ / フランクフルト線。

提供クラスはプレミアムエコノミーとエコノミー。

同商品は、JALの機内食「AIRシリーズ」第8弾。

モスバーガーとのコラボレーションは「テリヤキバーガー」「モスライスバーガー」に続く3回目の企画となる。

今回の商品は、1973年にモスバーガーが販売した「テリヤキバーガー」をアレンジ。

テリヤキソースによく合うというふんわりとした玉子を加え、一味違うおいしさに仕上げたという。

玉子は、細かく刻んだ茹で玉子をマヨネーズで和えている。

温かいバンズとパティはオリジナルパッケージに入れて提供し、お客自身が別添えの玉子やレタスをバンズで挟み、テリヤキソースやマヨソースで味をつけるといった内容。

食べる際に具材がこぼれないよう、専用の紙袋も用意している。

なお、レタスはモスバーガーの店舗同様協力農家が栽培した国産品を使用。

提供期間は5月31日まで。