東京都・各所で国内外の作家が参加する「東京国際文芸フェスティバル」開催

写真拡大

日本財団、東京国際文芸フェスティバル事務局は3月1日〜3日、東京都内各所にて「TOKYO INTERNATIONAL LITERARY FESTIVAL/東京国際文芸フェスティバル 2013」を開催する。

同イベントは、国内外で活躍する作家らが一堂に会する国際文芸フェスティバルで、今回が初めての開催となる。

海外や日本の作家、編集者やブックデザイナーがさまざまなテーマで語りあうトークショーや朗読、ワークショップなどが都内各所で行われる。

参加者は、海外からは南アフリカのJ・M・クッツェー(ノーベル文学賞)や、アメリカのジュノ・ディアズ(ピューリッツァー賞)など。

国内からは東浩紀、池澤夏樹、浦沢直樹、角田光代、川上未映子、谷川俊太郎、平野啓一郎、綿矢りさらが参加する。

会場は、東京大学本郷キャンパス、早稲田大学、六本木アカデミーヒルズ、国際文化会館、西麻布Rainy Day Bookstore&Cafe、スーパーデラックス、五反田ゲンロンカフェ、都営荒川線など。

各イベントへの参加方法ほか、詳細は「東京国際文芸フェスティバル 2013」Webページで確認できる。