ファミマ、長崎県の新ご当地メニュー「ちゃポリタン」を九州限定発売

写真拡大

ファミリーマートは19日、「ちゃポリタン」を九州地方のファミリーマート約790店(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・山口県の一部)で発売する。

同商品は、長崎県生麺協同組合、長崎かんぼこ王国、カゴメが地域の活性化のために共同で開発した長崎の新メニュー。

「ちゃんぽん麺」と「ちゃんぽんの具(かまぼこ)」という長崎でなじみのある食材を使用し、ケチャップで味付けした商品となっている。

もちもちとした食感の特製ちゃんぽん麺と蒲鉾、ちくわ、玉葱をトマトケチャップで炒めた。

商品名の「ちゃポリタン」は、長崎ならではの食材である「ちゃんぽん麺」で作った「ナポリタン」の造語とのこと。

価格は398円。

また、2月19日10時より、ファミリーマートグループのインターネットショッピングサイト「ファミマ.com」にて、白雪食品から3月1日に発売される、ちゃんぽん麺・ケチャップソース・かまぼこがセットになった、フライパン1つで麺をゆでずにそのまま調理できる「長崎新名物 ちゃポリタン 1食入(5セット)」(1,050円)と「同 1食入(10セット)」(2,100円)が先行販売されるという。